「それでも 新しい春へ行く」Twitterで「100日後に死ぬワニ」公式が動画やイラストを投稿し反響

 

2019年12月12日漫画家イラストレーターのきくちゆうき先生がTwitterに「100日後に死ぬワニ」の1日目、「死まであと99日」の4コマを掲載した。日を追うごとに反響は大きくなり、3月20日の「100日目」のツイートは「国内でもっともリツイートされたツイート」であるとTwitterJapanから発表された。

国内でもっともリツイートされたツイート / Twitter
https://twitter.com/i/events/1335929871210405888[リンク]

その1日目からちょうど1年後、2020年12月12日に「100日後に死ぬワニ公式」が50秒ほどの動画をTwitterに投稿し話題となっている。

「あれから」
という文字からはじまる動画。いくつかのイラスト画像が表示された後、
「それでも」
「新しい春へ行く」
という文字が。
そして、こちらの12日午後7時に投稿された動画に続き、翌日13日、14日といずれも午後7時に新しいイラストが投稿されている。今後の展開に期待である。

※画像は『Twitter』より

―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』

「それでも 新しい春へ行く」Twitterで「100日後に死ぬワニ」公式が動画やイラストを投稿し反響

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

公式が墓を掘り返していくのは草。おとなしく*せてやれよ。

 

これはひどい

 

去年の今頃はこんなことになってるとは思わなかったな(ワニ関係なし)

 

いやさっさとあの世に行けよ

 

どんな蘇生薬や蘇生呪文使っても、このワニが息を吹き返す事は不可能に思える

 

最終話の余韻に浸る間もなく、グッズ映画化で現実に引き戻すっていうジェットコースターのような落差のインパクトはすごかったよね。さすがにあれほどのオチは期待できないだろうし様子見かな

 

ここまで行くとなにがなんでも流行らせたいって思惑を感じるなw でもユーザーも*じゃないからさすがにもうダメだろ・・・。

 

えーと、100万回鬼滅に*れたワニ、やったっけ?

 

穢土転生の術

 

オワコン、という言葉こそが救いになるんじゃね?という気がする。

 

100日後に*ってのがコンセプトじゃなかったのか。ほいほい生き返らせるんじゃ、全部台無しだろ

 

墓を掘り返して何がしたいんだ?

 

いやーあんなん何がいいのかちっとも理解できなかったけど3月15日頃の気持ち悪いくらいの好きだの天才だの深さを感じるだのバカみたいに周りにあわせて持ち上げてネットを荒らしまくってたあの頃は懐かしいね。100日目の瞬間にあんな小保方の時を超えるレベルの気持ち悪い手のひら返しの嵐は圧巻でしたね。無責任なバカお客様はいつまでたっても反省しない。

 

商品展開をたった1日我慢できればみんな「そんなのもあったねえ」くらいには思ってくれたろうにな。入念なプロモーションもタイミング一つで全部台無しになるって例としては興味深かった。

 

墓暴いたんじゃなくて全員*だんやろ?

 

結末の時と結果が最初から決まってるからこそ、ただの日常が違って見えてくる。 そこがこの作品の僅かに人を惹きつける事ができた唯一の魅力だったのに、その続編を書いても前作以下の作品しか生まれないだろ。  ビースターズとかみたいに独自の世界観がガッツリ作りこまれてるのなら話は別だがそんな事一切無いし。

 

春というのは金もうけの隠語かな?w

 

もうその死体で作ったワニ革の財布に金は入らないと思うよ

 

いいね

 

これは電通による、ツイッターでバズらせることでどこまで経済が動くかの実験だったんだろ。下手に実力と個性がある人より、万人受けしそうで毒と機転の利かない人間が選ばれたんだと思う

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です