「違う街のようだ…」 新型コロナ影響で渋谷駅周辺にさらなる異変 

渋谷駅

大勢の人々が行き交う街・渋谷も、新型コロナウイルスの影響をモロに受けてしまった。街の象徴的存在である「スクランブル交差点」だけを見ても、人の数が激減していることが伝わってくるだろう。

しかし、そんな渋谷にさらなる変化が訪れているという。

画像をもっと見る

■平日の渋谷へ向かうと…

JR・渋谷駅の「ハチ公口」を出ると、やはり人の数の少なさがうかがえる。待ち合わせスポット周辺を見てもひと気がなく、ストリートパフォーマンスに励む人々なども当然いない。

しかし渋谷駅を何度か利用したことがある人ならば、他の異変にも気がつくことだろう。駅周辺を包む「広告」の数が明らかに減っているのである。

関連記事:藤井貴彦アナ、強く外出自粛を訴え称賛殺到 「足並みが揃わなくても…」

■後ろを振り返ると…

まず注目したいのは、「渋谷駅」と書かれた真下のスペース。普段であれば大人気タイトルの新作ゲームの広告などが掲示されているが、現在は真っ白の状態に。

渋谷駅

上部分には広告が残っているものの、やはりこれまでの渋谷駅を知っている人からすれば「物足りない」という気持ちが強いだろう。

■駅周辺の様子は…

渋谷駅

もちろん広告がなくなっているのは、駅だけではない。スクランブル交差点を挟んで『109』の方向を見ても、広告の数が減っているのは明らかカラフルデザインの看板が多いせいか、街中に突如浮かび上がってきた「余白」はかなり目立って見える。

そもそも広告とは「人に見てもらう」ためのもの。しかし昨今は「不要不急の外出自粛」が叫ばれているため、広告を見る人そのものが減少してる。「費用対効果が望めない」ということから、広告をとり下げる企業が増えているのだろう。

■「街から広告が消える」ということ

渋谷駅

続いてしらべぇ編集部では、大手広告代理店の関係者に「街から広告が消えている事態」について話を聞いてみた。春は新規のキャンペーンが多い季節だが、今年は軒並み「中止」になっているという。

特に携帯各社は、「新入生学割キャンペーン」などを打ち出す絶好のチャンス。しかし、広告を作成しても店舗の窓口対応が難しいため、やはり広告数は減少しているという。

「家で過ごす人々」向けの広告に方針を切り替えてはいるが、WEB媒体と違って校正や印刷などに多大な時間を要するのが広告媒体の弱点。そのため広告の切り替えに時間がかかっており、「媒体は買っていても制作物は下ろしている可能性が高い」とのことだ。

■ガラッと印象が変わったが…

ネット上を見ると、「これ本当に渋谷? 違う街かと思った」「外国人の観光客は広告見ると喜ぶから、なくなると寂しいだろうね…」といった声が多く確認できた。

しかし一方で、街中の写真にできた余白スペースに漫画やアニメキャラなど、自分好みの広告をコラージュしだす人も少なくはなく、ネット上では軽く「大喜利」のような状態にもなっている。

・合わせて読みたい→元グラドル経営のカフェ、コロナ禍&ウーバー登録6万件待ちで「売上激減」

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

新型コロナ影響で渋谷駅周辺にさらなる異変 「違う街のようだ…」

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です