「GoTo僕も使ったんですけれど…」で物議? 批判的な『サンモニ』青木理氏の発言に疑問と反論の声も



 25日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、自民党政権に批判的なジャーナリストの青木理氏が「GoToキャンペーン」の使用を告白し、疑問の声が上がった。ヨーロッパで1日の新型コロナウイルス新規感染者が過去最多になる国が相次ぎ、WHOがこれから冬を迎える北半球での感染拡大に懸念を表明したことなどが、関口宏によって紹介された。

この件についてコメントを求められた青木氏は、「免疫とかの違いがあるのかとか、どうなったかあるんですけれども。日本でも皆さん御存知の通り決して減ってなくて、徐々に増えてんですよね」と話す。

>>『サンモニ』青木氏「日本も文大統領を批判する書籍が出てる」安倍総理土下座像への擁護に疑問の声<<

さらに、「専門家会議によると、人々が感染対策を個人で取っていることによる制御効果と、一方で経済活動再開させると、当然ながらその拡大するリスクってのが、今拮抗してるので、とりあえずこの程度だけれども、これが増えればどっと増える可能性もあるのだから、冬に向かってあるってことだから気をつけなくちゃいけない」という見解を示す。

続けて、「だから、まずやらなくちゃいけないのは、今GoToでね、メディアもこうすればお得ですよみたいな話ばっかりなんだけど、一つは検査、それからそれ、逼迫する支援」と訴える。

そして、「GoToって僕も使ったんですけれど、多少お金があって、休みも取れる人が使ってるんだけど、そうじゃない人もいっぱいいらっしゃるわけで。そういう所への支援っていうのを、少し冬に向かって真剣に考えないと、ヨーロッパの事を対岸の火事みたいに言ってられないような状況ってこともあり得るんじゃないかなって気がしますよね」と語った。

青木氏のコメントについては賛同の声も多かったが、一部視聴者は「僕も使った」という告白に反応。「散々政府を批判しておいて恩恵を受けるな」「あなたの嫌いな安倍晋三前首相が決めたGoToをさんざん批判しておいて利用するのは筋が通らない」「制度を利用する・しないは自由だが、政権批判を繰り返す人間が使うなんて許せない」と怒りの声を上げる。

使用告白については、番組の支持基盤であるリベラル層からも「青木さん、GoTo使うんだ」「反政府の吟持はどこに行ったんだ」「見損なった」という不満もが。ただし、「利用するのは問題ない」「反政府だから使っちゃいけないなんてルールはおかしい」と反論も出た。

複数の出演番組でGoToトラベル批判を繰り返してきた青木氏。そんな人物が制度を利用して旅行をしたことに、「筋が通っていない」と感じた視聴者もいたようだ。

画像はイメージです

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

それが彼らのスタンダードだから特に気にならない。まぁだっさいとは思う

 

別にいいとおもうけどな。収録が関西だったり東京だったりで全国を転々とするんだから、実際に使ってみて何が問題なのか具体的な体験談を語ろうとしたんでしょ?それよりも問題は、*がこの制度を悪用して日本全国にコロナばらまいてることだぞ。義務も果たさないで税金での恩恵にあずかろうとするな!

 

普段キャンキャン吠え付いてる犬が、肉を投げてやると尻尾を振って食らいつく

 

GoToは消費者への支援ではなくコロナで被害を受けた事業者への支援。金がある人が使いやすくする為の施策。

 

ま、ふたを開けたら反社会勢力が経営する民泊業者に金を流すためのシステムなんやけどな。オレオレ詐欺の拠点になってんだからさっさと*よ

 

そのお金のない人の支援であったはずの30万円を公明党使ってみんなでひっぺがして10万円にしたじゃないか

 

WHO信者のフランスやドイツは1日に1万人ほど感染者が出ている。ヨーロッパの事言ってられない?日本が今のヨーロッパと同じ状況になると本気で思ってんのかこの*は。お前達がそうやって悪戯に不安を煽るから感化されたバカが自粛警察やマスク警察になるんだよ

 

ゴミみたいな政策だけど利用した方がマシではある、と言えばいい

 

でも東京にいるんだっけ?ならじっとしてろ

 

いまだに30万がーとか言ってるやついるけど一律10万の方が政府の支出が多くなるからって誰が対象かわからない複雑怪奇な条件つけて額面だけ多くしてたんだぞ デフレ不景気には政府が金を出すのが正攻法 デフレ脱却まで減税と給付拡大を訴え続ける必要がある

 

外から見てるだけで文句言ってる薄っぺらいコメンテーターよりはマシだと思うが。実際使ってみてわかる問題もあるだろ、事実問題だらけなわけだし。

 

正当かつ個人にも日本全体にも必要な要求をクレクレ*と批判して人格攻撃する輩や増税をセットにして将来の生活を人質にする卑怯な輩に屈してはならない 保障拡大に対する批判はだいたいこの二つに限られる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です