『ぷよぷよ』で脳が活性化されると判明! 対戦時はより顕著に



セガは、『ぷよぷよeスポーツ』を用いた初の脳活動実験を実施。その結果、『ぷよぷよ』をプレイすることで、脳の活性化が見らることが判明した。

実験は、公立諏訪東京理科大学・篠原菊紀教授の協力のもと、「NIRS(ニルス)」という脳血流量の変化を調べる実験を活用し、大学生6名を対象に実施。PlayStation 4ソフトぷよぷよ e スポーツ』を用いて、1人でタイムアタックプレイした場合と、eスポーツを意識し、2人で対戦プレイをした場合の脳活動の違いについて調査した。その結果、いずれも平常時より脳の活性化が見られたという。

また、実験では、1人プレイよりも、2人対戦のほうが脳の活性化が見られた。これを受けて同社では、対戦相手の様子や画面の状況を見てプレイする必要があるからであり、対戦というコミュニケーションがあるゲームプレイは、脳の健康にとって良いことなのかもしれないと、考察する。

実験の結果を受けて、篠原教授は「今回の『ぷよぷよ e スポーツ』の実験により、ゲームプレイ中、脳の前頭前野と頭頂連合分野という部分の活性化がみられました。前頭前野はワーキングメモリーつかさどり、頭頂連合分野はワーキングメモリーとして情報を短時間記憶し処理するための機能をつかさどる、人間の日常生活や学習を支える重要な脳の部位です。その部位に活性化が見られるという結果は、『ぷよぷよ』のゲームプレイが人間の脳にとって良い影響をもたらす可能性があると考えられます」とコメント

さらに「今回は大学生を対象とした実験を行いましたが、これまでの過去の実験結果も参考にすると、前頭前野の活性は年齢を問わないと考えられているので、今回の実験結果は子供や高齢者にフォーカスすると『子供の知育や高齢者の認知機能低下予防』にも役立つ可能性なども考えられます。子供ではゲームプレイする子の方が、前頭前野が厚いといった研究や、学業成績がよいといった研究、高齢者ではパズルゲームプレイする人の方が認知機能が高いといった研究もあり、適度な『ぷよぷよ』のプレイは全年齢の脳の活動に役立つだろうと思われます」と考えを述べた。

画像提供:マイナビニュース

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

普通の人間なら、何か知的作業でもすれば脳が活動すると思うが。。。むしろ、活性化しない人間がいるのか?ぷよぷよと他人との会話、どちらがより活性化するかを調べた方がいいんじゃないの?

 

これは良いダイマ

 

eスポーツにするなら、現行の全機種で出して。

 

重要なのは、対戦とかパズル設問さ。たぶん単純作業が脳には良くないので。

 

攻略パターン化に入れば脳はリラックスしそう

 

そりゃ頭カラッポの思考停止状態でやってて勝てるゲームじゃないからな・・・

 

対戦は脳が活発になるかもしれないけど、血圧も上がりそう。

 

ゲームギアで階段積みをひたすら練習したなぁ。階段積み5連鎖を作れるようになったものの、常時7連鎖以上を作る人に全然勝てなかったから、今度は折返し7連鎖を練習することに。

 

(脳を柔らかくする的な意味で)頭ぷよぷよかよ

 

アナログにしろデジタルにしろ、ゲーム類が脳にいいのかは研究者によって結果がまちまちでどうもな。本当に脳を鍛えたいなら散歩の有酸素運動と母語の読み書きと数学を学びなおすことだ、という人もいて自分もこれが一番いいのではないかなと思ってる。まあ大人もちゃんと読み書き計算勉強しろってことなのできついが。

 

チー牛とかで評判悪くなってからのこれとか露骨だなあれ*と思わんし言葉自体はどうでもいいけど顧客*にしてる姿勢は伝わって不快だったわセガには好感持ってたんだけどこれからは一生嫌いだと思う

 

やったぜ

 

もこう曰くぷよぷよは慣れだとか

 

チー牛騒動なんてあったのか・・・流石、おま国、寄付妨害、反捕鯨団体に寄付やってるとこは違うなぁ

 

なおプレイヤーはチー牛呼ばわりされる模様

 

どれだけ脳が活性化されたところで、それを役に立てなきゃ意味は無いでしょう。高い思考力や反射神経を持つ元プロゲーマーのその後が全てを物語っている。

 

落ちものパズルは脳のベンチマークだわ(4連鎖が限界民)

 

頭なんか使わず脊椎反射で連鎖が組めるようになってからがスタートラインだぞ

 

そんなことよりチー牛食べたい

 

そうか、ぷよぷよの腕を上達させるにはチーズ牛丼を食べれば良いのか。吉野家で超特盛を食べているうちはぷよぷよの腕は上達しないという事か。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です