『ウチカレ』菅野美穂の“セリフ”に視聴者ドン引き「気持ち悪い」「やめて」



菅野美穂

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

女優・菅野美穂浜辺美波がW主演を務めるドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)第7話が2月24日、放送された。キャラクターの台詞に、視聴者は拒否反応を起こしているようだ。

【関連】上白石萌音『ボス恋』胸クソ悪すぎる恋愛シーンに悲鳴「吐きそう…」 ほか

主人公の水無瀬碧(菅野)は、シングルマザーとして娘を育てつつ、連載を抱える小説家。〝恋愛小説の女王〟として一世を風靡したが、今はすっかり落ちぶれて〝オワコン〟となりつつある。また、大学生の娘・空(浜辺)が筋金入りの二次元オタクで、浮いた話がまるでないことを心配。そんなある日、碧は久々の恋を、空は人生初の恋をしていく…というストーリーだ。

第7話では、碧と空に血のつながりがないことが発覚。碧は、自分と同じ男を好きになった星野鈴(矢田亜希子)の妊娠に立ち会い、出産後に亡くなった鈴の代わりに空を育ててきたという…。

ネット上で話題になっているのは、碧が空のことを『君(きみ)』と何度も呼んだシーンポエムのような口ぶりのため、『なんで君って呼ばすんだろう。一気に距離感出るからやめて欲しい』『君って言い方で感動薄れる』『君、君、君、ってあんたら俵万智かー!』『ウチカレのセリフ気持ち悪いって思うの私だけ? 君呼びとか、~だ!とか、なんであんな話し方にするん』といった声が多くあがっています」(芸能記者)

『ウチカレ』菅野美穂の“セリフ”に視聴者ドン引き「気持ち悪い」「やめて」

『半分、青い。』でも多用された表現

『ウチカレ』では〝君呼び〟以外にも、語尾が「~だ!」「~か!?」といった片言の日本語のような独特な口調が多い。これは脚本家北川悦吏子氏の特徴のようで、朝ドラ『半分、青い。』(NHK)でも多用されていた。

しかし視聴者からは、《北川センセイの脚本の台詞って、まんま小説の台詞のような書き言葉調で、舞台演劇ならともかく、ドラマだと見てて違和感ばかりが募る…》といった声が上がる始末。

ロングバケーション』(フジテレビ系)、『ビューティフルライフ』(TBS系)などの大ヒット作を手掛けた北川氏だが、視聴者からは〝オワコン〟を指摘する声が多い。『ウチカレ』では、北川氏が自身を重ねているだろう碧が、〝オワコン〟から脱却しようと必死にもがく姿が描かれている。

残り少ない話数だが、ここからの挽回に期待したい。

画/彩賀ゆう

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です