ついやっているNG行動 コロナ自粛で精神が不調になる人

 新型コロナウイルスの影響で外出自粛の日々が1ケ月以上続いています。

マスク 不安
イメージです(以下同じ)

 さらに緊急事態宣言が5月末まで延長されることが発表されました。終わりの見えない不安な日々が続く中で、心身の不調に悩まされている人が増えているようです。

 日々のストレスや不安、悩みを乗り越える感覚をつづった『「首尾一貫感覚」で心を強くする』(小学館新書)の著書を持ち、これまで10年以上にわたって、のべ8000人以上のカウンセリングストレス研究をしてきたヒューマン・ケア科学博士、舟木彩乃さんに話を聞きました。

不安で仕方ないという相談が多数

 毎日のように新型コロナニュースを眼にするなか、「自分も感染したかもしれない、不安で仕方ない」。そのような相談が舟木さんもとには多く寄せられているそうです。

「自分だけではなく家族が感染し、重症化したらどうしよう。自分は基礎疾患があるから感染したら終わりだといった声があります。さらには夫婦間のモラハラ、DVの悪化、引きこもり子どもの暴力の悪化といった話もあります。あるいは経済的な不安、昼夜逆転、眠れない、家に自分の居場所がないなどです」

 誰もが不安になってしまう状況なのは事実。舟木さんも「不安なのは自然反応です。むしろ、この事態に全く不安を感じない方のほうが心配になります」と語ります。

「人によって感じ方や価値観が異なりますが、こうした状態が長く続くと、心や体に不調をきたす可能性があります。筑波大付属病院のサイトでは、不安の根拠について、こう書かれています」

自由を制限されて起きる「拘禁反応」

筑波大付属病院のサイト
※筑波大付属病院のサイトより

=====
 感染の拡大は、人のこころに不安や恐怖、強い怒り、興奮、不眠など様々な気持ちを生じさせることがあります。さらに今、隔離や自宅待機などの感染対策がとられています。

 感染拡大防止のためにやむを得ない面はありますが、行動の自由を制限されると、喜怒哀楽の感情が失われたり、強い不安を感じたり、周りの状況が他人事のように感じられたり、自分がいじめられ、疎外されている気持ちが生じる「拘禁反応」と呼ばれる特有の心理状態が生じることがあります。

 また、親しい関係の一人が感染のため隔離されると、残された人が引き離された不安や抑うつを感じることがあります。これらの反応は決して特別なものではなく、この状況では誰にも起こり得る自然な心理反応です。特に拘禁反応は、通常は、隔離が解除されれば改善します。ただこうした状態が長く続くと、こころやからだに不調をきたす可能性があります

引用筑波大付属病院のサイトCOVID-19に関するこころのケア」
=====

サイトの最後に、不安な状態が長く続いてしまう人は『こころやからだに不調をきたす』と書いてあります。ネガティブニュースばかり追いかけて不安な人は、依存症のような状態になっていることがあります。すると、群集心理に巻き込まれやすくなり、これが買い占めなどに繋がっていくことも考えられます」(舟木さん)

テレビのニュースをつい見てしまうわけ

 依存症の特徴のひとつに脳の前頭前野などの機能低下があるそうです。前頭前野が機能低下すると、冷静な判断ができなくなり、商品の買い占めや、ネットサーフィンなどを1日何時間もやってしまったりします。

 やり過ぎというのは、ネットサーフィンなどによって本来やるべき仕事やタスクに支障がでる状態を目安にすると良いといいます。時間がなくなってしまう場合だけでなく、情報の収集によって不安になって仕事や家事などが手に着かなくなる場合も含まれるのです。

「このような状態でニュースを見ても、客観的な視点では見られなくなります。心が不安的な状態では、客観的な情報も悲観的に受け取ってしまうなど認知が歪むことが原因のひとつだといえます。

 また、なんとなく感染症関連のニュース番組を観ていたりすると、やはり視聴者を惹きつけるようにできているため、続きが気になって目が離せなくなります。脳がコントロールできない状態になって、その行動がいつの間にか癖になり、習慣化してしまいます」

コロナ禍で神経が常に戦闘態勢に

コロナウイルス
新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(出典:中国疾病予防コントロールセンター

 対策としては「知りたい情報を得るなど目的を持って視聴すること。ニュース番組に出ている“専門家”と呼ばれる人達の意見であっても、特に今回のように全容が明らかになっていないウィルスについての知識は100%正しいとは限らないことを念頭に、自分にとって恐怖を植え付けるような番組は観ないこと。自分でコントロールすることが重要です」と、舟木さんは言います。

 さもないと、こうした心の不安の声が「驚くほど身体に影響する」と指摘します。

ストレス(不安や緊張)を長く抱えていると、自律神経(交感神経と副交感神経)のうち、交感神経の働きが活発になります。これは、身体がストレッサーを受け、とっさの対応に備える戦闘態勢になっている状態をイメージすると良いでしょう。例えば、海水浴中に凶暴そうなサメに出くわしてしまった場合などを想像してみてください。

 敵(ストレッサー)をよく見るため瞳孔は拡大、脳神経は興奮し眠気はなくなります。全身に血液を送るため、心臓がドキドキと一層働き心拍数が増加、血圧も上昇します。また、消化管も嬬動(ぜんどう)が抑制され、消化液の分泌なども減少することから胃腸の働きが低下し、消化不良となります」

不眠や頭痛、十二指腸潰瘍になる可能性も

 交感神経が活発な状態が続くと、不眠や頭痛、胃痛、さらにはうつや十二指腸潰瘍など、心身に不調を引き起こすそうです。

「今回のように自宅待機やイベント自粛が続くと、強制的に行動の自由を制限されるがゆえに『拘禁反応』(感情が失われる、阻害されている気持ちになるなど)の状態に陥ることがあります。

 拘禁反応は、心が脆弱(ぜいじゃく)な人だけが陥るものではなく、誰にでも起こりうる自然な心理反応です。しかし、この不安な状態に飲み込まれてしまうとネガティブな情報ばかりが目に入るようになります」

コロナ禍を精神的に乗り越えるコツ

舟木彩乃
舟木彩乃さん

 外出自粛もテレビSNS依存のような状態を引き起こす可能性があるそうです。最後に舟木さんにコロナ禍を精神的に乗り越えるためのアドバイスを聞きました。

ニュースを観たり、SNSに関わる時間をきっちり決めること。情報源が定かでないものではなく、厚労省など信頼できるところから情報収集をすること。そもそも何を知りたいと思っているのか目的を持って情報収集することを勧めます。

 また、家ごもり生活だからできることをピックアップしてみることも良いと思います。通信教育などの資格の勉強や読書、家の掃除、料理などです。また、こういうときだからこそ大切にしたい人間関係も見えてきたという声も聞こえます。家族や友人などと電話やネットで連絡を取り合いましょう」

 不安な世の中だからこそ、無理にポジティブになるのではなく、ニュースを見る時間をきっちり決めるなど自らを律するようにしましょう。そうすることで不安を軽減し、皆でコロナ禍を乗り越えたいですね。

<取材・文/シルバー井荻>

【舟木彩乃】

ヒューマン・ケア科学博士・メンタルシンクタンク(筑波大学発ベンチャー企業)副社長。筑波大学大学院博士課程修了(ヒューマン・ケア科学博士)。カウンセラーとして8000人以上、100社を超える企業の相談に対応。公認心理師や精神保健福祉士など保有。著書に『「首尾一貫感覚」で心を強くする』(小学館)がある。現在、一般の方向けの心理カウンセリング受付中

【シルバー井荻】

平成生まれの編集者ライターです。赤羽と阿佐ヶ谷に出没します。ビジネスサイトの編集長もやってます。

※イメージです(以下同じ)

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です