なぜ小池百合子が圧勝し、安倍政権が長続きするのか?「非常時の指揮官」を打ち破る方法<菅野完氏>



7/17の都知事会見を行う小池百合子都知事。
東京都のYou Tubeチャンネルより

小池百合子は圧勝して当然
都知事選挙で小池百合子が稼いだ366万票にものぼる得票数は、都知事選史上歴代二位の成績だという。得票率にして59.7%。次点の宇都宮候補との票差は28万票あまり。確かに「圧勝」の二文字でしか表現のしようはない。

しかしながらこの結果は、当然のこととも言えよう。言わずもがな、目下、日本中がコロナウイルスと戦っている。法で定められている手順に従えば、感染症対策の一義的な責任者であり指揮官であるのは、内閣総理大臣でも厚生労働大臣でもなく、各都道府県知事だ。当たり前のこととして、東京都内におけるコロナウイルスとの戦いは、この数ヶ月、都知事である小池百合子を責任者・指揮官として戦われてきた。その戦績や実績に対する是非は当然あろう。数字だけをみれば、決して彼女は優秀な指揮官とは言えない。

だが、制度が「指揮官は知事である」と定めている以上、都知事の席に座る人間がだれであれ、戦闘が繰り広げられている間、指揮官の一挙手一投足に周囲の耳目が集まるのは当然のこと。やれ「小池百合子コロナ対策とて記者会見するのは選挙対策だ」だの「小池はコロナを選挙の道具に使っている」だのと騒いだところでせんなきこと。彼女とすれば職務上の必要からそうしているに過ぎず、彼女の一挙手一投足を報道するメディアからすれば「戦闘行為が繰り広げられている最中に、指揮官の言動を報道するのは当然のことではないか」というだけの話である。そして世間の耳目を集めた人が、選挙に圧勝するのも当然のこと。アメリカ大統領選挙もそうではないか。米語でいうところのWar Time Presidentは常に再選される。どの国のどの地域の有権者も原則的には、危機の最中に指揮官の途中交代を望まないものだ。この原則があればこそ小池百合子は勝利したに過ぎない。

なるほど確かに、鹿児島県知事選挙では、小池百合子と同じく「対コロナ戦前線指揮官」である三反園知事が敗れたため、「指揮官途中交代はありえない」の原則は万古不変の原則ではないと言えなくはない。しかし、三反園知事の場合、コロナ禍上陸前から、支持団体への裏切り行為や数々の疑惑などから指揮官としての能力に根源的な疑義をつきつけられていたわけで、鹿児島の場合は「指揮官不在の危機に直面した有権者が、早く指揮官が欲しいという答えを出した」と考えるのが自然だろう。都知事選挙と鹿児島知事選挙の結果を合わせて考えれば、「有権者は“よほどのこと”がない限り、危機の最中での指揮官交代を望まない。その“よほどのこと”とは、スキャンダルなど指揮官本人の資質に対する根源的な疑義もしくは誰の目にも明らかな危機に対する敗戦に限られる。その“よほどのこと”がない限り、有権者は粛々と、危機対応中の指揮官を追認し続ける」という当たり前の話でしかない。

したがって、都知事選挙にせよ鹿児島県知事選挙にせよ、選挙結果をあれこれ分析するのは愚かなことだと言わざるを得ない。新聞や雑誌は、野党の足並みがそろわなかったことや、自民党でさえも小池百合子の処遇に苦慮していることなどを面白おかしく書くだろう。とはいえ、やはり、コロナ危機という背景がある以上、小池百合子であろうとなかろうと、現職に圧倒的に有利な情勢であることに変わりはなく、結果もそう大きくは変わらなかったはずだ。もし、都知事選に負けた側に反省すべき点があるとするならば、「選挙プランナー」なる肩書きをもつ公民権停止中の怪しげな人物が選挙演説の現場でうろちょろするような甘い管理体制であったり、実務能力のない人間が選対本部長をやり自分の売名目的としか思えない意味のない記者会見を繰り返したことであったりという、戦術レベルの話に限定すべきだ。そうしたオペレーションレベルの自分達の無能さに痛烈な批判を加えるのが先決であって、やれ野党共闘がどうの、票の分裂がどうのという戦略面の話で反省したり総括したりしても、意味はない。座組みがどうであれ、「危機の最中の指揮官交代は、基本的にはない」原則がある以上、負けていたのだから。

◆冷戦、未だ終わらず
だがこれは「War Time Presidentは常に再選される」「どの国のどの地域の有権者も原則的には、危機の最中に指揮官の途中交代を望まない」のだから、非常事態下の選挙や議会運営で、非執行部側=野党サイドは手をこまねくしかないということを意味するのではない。むしろ、この原則を直視し、この原則が常に自分たちを取り巻く環境を規定していると認識し、この原則を打ち破る方途を見つけることこそが、非執行部側=野党サイドの活路を切り拓くはずだ。

少々古い話ではあるが、55年体制を思い出してみればいい。自民党が政権を維持し続け、社会党が野党の立場に甘んじ続ける結果を40年もの長きにわたって有権者が出し続けたのは、背景に冷戦構造があったからに他ならない。米ソ対立・東西対立という「長く静かに続く非常事態」の最中での指揮官交代を、有権者は望まなかったのだ。しかしながら危機が終われば容赦なく指揮官には交代が命じられる。だからこそソ連邦が崩壊し名実ともに冷戦が終結したわずか3年後に、盤石だったはずの自民党政権は脆くも崩れ去り、政権交代が実現し、55年体制は終了した。

冷戦が終結し世界がパクスアメリカーナ一色で染め上げられるにつれ、日本だけでなく世界各国で政治的混迷が観察されるようになる。米ソ両国それぞれの思惑から支給されていた経済援助や軍事援助が冷戦の終結によって停止したのももちろん大きな要因だが、なによりも各国の有権者があまりにも長きにわたって「パクスアメリカーナを選択するのか、パクスロシアを選択するのか」の二者択一の冷戦思考に馴らされすぎていたことこそが本当の要因だろう。二項対立で物事を考える癖のついた人々に、急に相対的な思考を求めても苛斂誅求というものだ。

幸か不幸か、日本ではこの混迷は長続きしなかったソビエト連邦に代わる「パクスアメリカーナを揺るがす対立概念」がどの国よりも早く提供されたからだ。北朝鮮による拉致問題ミサイル問題こそ「新たな冷戦構造」いや「冷戦、未だ終わらず」との印象を日本の有権者に植え付けた代物に他ならない。他国が冷戦とそれにより引き起こされる単純な二項対立の国内政治構造を過去のものとするなか、ひとり日本だけは、ソ連邦を北朝鮮に置き換かえただけの冷戦構造に逆戻りした格好だ。おそらく友人が卒業するなか一人留年し教室に残る高校3年生なら、今の日本の惨めさを理解できるに違いない。

◆二項対立からの卒業
この「新しい冷戦構造」の操縦に誰よりも長けているのが、安倍晋三という政治家だろう。彼が「新しい冷戦構造」を利用する手口は実に巧妙だ。彼は権力を掌握する前から、あたかも自分こそが北朝鮮に対して最も強硬な態度を示す政治家であるかのように振る舞った。そして権力を掌握する過程でも掌握した後でもその振る舞いは変わらない。

しかし巨細なく彼の事績を見てみると、小泉総理に随伴して北朝鮮訪問をしたあのタイミング以外で彼がなにかを成し遂げたような痕跡はない。単に口だけだ。その一方で彼は、アメリカの利益を代弁することに極めて積極的であり「単にアメリカの利益を代弁しているにすぎない」と見られることそのものを厭う様子さえない。それどころか露骨に「そう見られたい」とさえ思わせる節がある。つまり彼は周りからはっきりわかる形で「北朝鮮への口撃」と「アメリカの利益の代弁」のアピールを同居させていることになる。この姿勢があればこそ彼は「パクスアメリカーナをなんの疑問もなく受け入れつつ、北朝鮮危機と対峙する前線指揮官」を演じることができる。そしてこの役所こそ冷戦構造下の二項対立に慣れ親しんだ有権者が最も安心感を覚えるものに他ならない。安倍晋三がこの演技を続ける限り、彼は有権者が途中交代をなかなか望まない「非常時の指揮官」の地位を占め続けるわけだ。

◆「非常時の指揮官」と戦うために
野党は、いや、野党のみならず自民党の非執行部側も、「非常時の指揮官」・安倍晋三を向こうに回した戦いをする必要がある。よしんば彼が勇退を選択したとしても、後任者は常に「前任の非常時の指揮官」との比較という戦いを続けなければならない。これは極めて難事業と言わざるを得ないだろう。

安倍晋三に戦いを挑む者がこれまで死屍累々の山を築き上げただけに終わっているのは、安倍晋三が掌握して決して手放そうとしない「パクスアメリカーナを露骨に歓迎しつつ、具体的に眼前に存在する脅威である北朝鮮と対峙する前線指揮官ポジションとの二項対立の頸木に自ら嵌まり込んでしまっているからに他ならない。言い換えれば、思想・陣営の左右、政界での立ち位置の如何を問わず、安倍晋三と敵対するものは安倍晋三ポジションが「アメリカの代弁者・北朝鮮の敵」と先に決まっている以上、「アメリカの敵・北朝鮮の代弁者」に自動的にポジショニングされてしまう宿命にあるわけだ。それが二項対立思考の限界であり恐ろしさでもあるのだが、日本の背景にいまだ冷戦構造が抜き難く存在する以上、二項対立こそが政治の土俵なわけで文句を言ってもしかたない。それが現実だ。

小池百合子が率い惨憺たる結果に終わった希望の党や、あるいは現在の山尾志桜里議員などがアピールしたがる「改憲議論を厭わない野党」や「左翼陣営に冷淡であることをアピールする野党」路線は、おそらくこうした二項対立構造へのリアクションとして考案されたものなのであろう。しかしこの種の路線は浅知恵としかいいようがない。どんな分野でもそうだが、二項対立から脱却するために対極側に擦り寄るのは常に失敗し、構造を固定化するだけに終わる。希望の党のような路線がここ数年のあいだ塵芥のように浮いては消え浮いては消えを繰り返してきたのは、その当事者が政治的に未熟だからではなく、構造として必敗の構造に誕生の瞬間から陥っていたからに他ならない。

55年体制がそうであったように、二項対立だけで進む政治は無理・無駄・欺瞞が多く、いずれカタストロフィカルな終局を迎える安倍晋三と対峙するものは、是非とも、安倍晋三に打ち勝ち、自分が生き残るためだけではなく、いまだに冷戦構造を利用した時代遅れの政治運営が罷り通る日本の政治風土を刷新するためにこそ、この二項対立からの卒業を目指さなければならないはずだ。

<文/菅野完

すがのたもつ●本サイトの連載、「草の根保守の蠢動」をまとめた新書『日本会議の研究』(扶桑社新書)は第一回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞読者賞に選ばれるなど世間を揺るがせた。メルマガ「菅野完リポート」や月刊誌「ゲゼルシャフト」(sugano.shop)も好評

<『月刊日本8月号』より>

【月刊日本】
げっかんにっぽん●Twitter ID=@GekkanNippon。「日本の自立と再生を目指す、闘う言論誌」を標榜する保守系オピニオン誌。「左右」という偏狭な枠組みに囚われない硬派な論調とスタンスで知られる。

7/17の都知事会見を行う小池百合子都知事。 東京都のYou Tubeチャンネルより

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

そうやって口を開けば「安倍政権は無能」「小池はバカタレ」と悪口しか言わないマスゴミと、そんな悪口製造機が推す政党や候補者を誰が支持するというのか。マスゴミは日本の悪口言ってれば国民の支持を得られる国家に毒されすぎだといい加減気付け

 

他がゴミカスしかいないのにそのゴミカスをこぞって持ち上げるから余計反感買ってるだけよ

 

そりゃ安倍政権や小池より遥かに、他の候補者やハーバーのような反日ヘイトで足を引っ張るしか能のないマスゴミが無能だからでしょ。

 

20文字以内で簡潔にまとめろ。

 

他人の悪口ばかり言ってる人がその対象より優秀な事は無いって気がついてるんですよ皆

 

長々と勘違い記事を垂れ流してんじゃねーよ。「他がクソ以下」 の六文字だけで済む話だってのに

 

とりあえず菅野完はアメリカでお務めを果たしてから寝言をこけよチキン

 

対抗馬がゴミだからだよ、安倍政権の不支持が支持を上回っても不支持者が野党を支持するかは別の話。仮に赤点の30点でも0点には負けない

 

こんな記事書こうとも、野党がパフォーマンスだけで何も出来ないって国民から思われてるんだから政権交代なんてそうそう起こりっこないよ。

 

非常時の指揮官*は明智光秀やブルータスと同じだな。どんなに大義名分を言い張っても、主*は国民は絶対に受け入れない。

 

お前等がゴミカスだからだろうがw そんな事より、おい犯罪者!さっさと罪を償ってこい。

 

*疑惑でアメリカで逮捕状が出ている菅野完というコリアンのライターが筆頭の月刊日本

 

無理・無駄・欺瞞が多いのはチョンパーみたいなマスゴミだよ、いい加減分かれよ

 

メディアの政権sageが痛々しくて目に余るから、かな…

 

アメリカの裁判はいいのか、周りはアメリカンの裁判を受けるよう促したほうがいいのではないか。

 

何度も言われてるけど他に選択肢がないからだよ。野党が政権取れないのは具体的な対策とか言わずに与党引き釣り下ろそうとしかしない上に揚げ足取りしかしない無能共の集まりだからだよ。愚策とかじゃなくてきちんとした対応策とか出してちゃんとしてれば評価はされるんだぞwというかハーバーはいい加減、安倍ガーせずにちゃんとした記事書いたら?wああ無理か朝鮮新聞だったねw

 

対立候補はどいつもこいつも日本を弱らせて中韓に売り渡すような言動ばっかりじゃねえか

 

対抗馬個人がダメな上に、政策もダメだから。その上、安部自民が一応は多数の有権者の支持(掲げる政策に賛成)しているということを意図的に無視しているから。国民に支持されている政策に、真っ向から対立する政策が有権者受けして支持されると思っているバカだから。完全パクりの政策をぶちあげる方がまだ勝てるんじゃないかな。

 

長々かかんでも 都知事選は出来レース 国会政府も同じ 他がさらに無能すぎる

 

菅野とハーバーという最悪の組合せ。菅野は森友の件を総括しろよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です