ウイルスを99%カット、超抗菌ガラスフィルム付きスマホケース

 サムライワークスは、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした新製品として、スマートフォンスマホケースブランドHashfeat.#F」から、「超抗菌ガラスフィルム付きプロテクトスマホケース」を同社のECサイト5月15日に発売した。税別価格は2480円で、6月上旬の発送開始を予定している。

画像付きの記事はこちら

 超抗菌ガラスフィルム付きプロテクトスマホケースは、抗菌加工を施した「超抗菌スマホケース」と「超抗菌画面保護ガラスフィルム」のセットで、画面・側面・背面の360°でスマホに付着する菌を99%カットする。

 超抗菌スマホケースは、抗菌力のある銀イオン・亜鉛イオン・銅イオンを取り込んだガラス粉であるイオンピュアと、加熱処理した貝殻粉末の抗菌活性を応用している。また、TPU素材の採用によって高い保護性能を実現した。

 超抗菌画面保護ガラスフィルムは、ガラスフィルムにAG+コーティングを施し、9Hガラスを採用しているので傷や衝撃に強く、貼りやすく、画面がクリアに見える。さらに、3D形状なので画面のすみずみまで保護できる。

 対応機種は、iPhone 11 ProiPhone 11、iPhone SE(第2世代)、iPhone 8、iPhone 7S、iPhone 7。カラーは、ブラックホワイトピンクの3色。

抗菌加工を施したスマホケースとガラスフィルムのセット

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です