バーガーキングに批判殺到 性差別的ツイートに「二度と行くか」の声も



バーガーキング多くの国々で愛されているハンバーガーチェーンが、思わず読み直してしまうツイートで誤解を招いてしまった。その経緯を、『The Sun』など海外メディアが報じている。

 

■まさかの女性差別?

男女平等の実現などを目指しもうけられた、国際女性デー(3月8日)。その日に英国のバーガーキングツイッターを更新し、まずは「女性の居場所は台所です」と書き込んでユーザーを驚かせた。

その後に「もし女性がそう望むのなら、という話です」「女性シェフは全体の2割なのですから」と書き込み、「料理の仕事を追及する女性職員にチャンスを与えることにより、外食産業で活躍するシェフの男女比率を変えていきたい」とも付け加えた。

 

関連記事:バーガーキング、初の“バンズなしバーガー”が衝撃的 行き過ぎた肉々しさに感服

■釈明するも批判はとまらず

最初の「女性の居場所は台所」というツイートが災いし、「注目集めが目的だとしても、もっとマシな方法があるでしょうよ」「性差別的な釣りはやめてほしい」「もう二度とバーガーキングは利用しない」という批判が噴出した。

またバーガーキングは「変だ」というユーザーに反応し、「私どもが変だと思うのは、英国の外食産業で活躍するシェフのうち女性が2割のみという点です」と返信。それを伝えるためだったとはいえ、極端なツイートは多くの人の逆鱗に触れてしまった。

■ツイートを削除へ

「みなさんのお声は届いています」「最初のツイートは間違えていました、すみません」と補足でツイートしたバーガーキングは、またしても英国における女性シェフの少なさを力説。「その状況を変えるためにも、料理を学ぶ人に奨学金を授与することで、貢献したいと思います」などと書き加えた。

なお問題のツイートは削除することにしたというが、それを前に複数のメディアに大々的に報じられてしまった。

 

■7割以上が「空気は読むべき」

しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,789名を対象に調査したところ、全体の70.4%が「空気は読まなければいけないと思う」と回答した。

空気を読む

まるで空気を読まず、よりによって国際女性デーに、とんでもない釣りツイートで人々を動揺させたバーガーキング。「別に謝るほどのことでもない」という声もあるが、「バーガークイーンに改名しちまえ」「これがお前らのやり方か」という批判が多いようだ。

もし釣り部分さえなければ、「英国のバーガーキング、やるね!」と称賛の声があがっていたに違いない。

・合わせて読みたい→バーガーキング、攻めすぎている新商品 予想外の内容に「三度見くらいした…」

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年2月21日2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名 (有効回答数)

バーガーキングに批判殺到 性差別的ツイートに「二度と行くか」の声も

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

*に権利を与えたことで、世界中*に汚染されてしまった。

 

もう男と女で果てしない争いをすればいいよ。そうすれば形だけでも男女平等になるんじゃない?しらんけど

 

もしかしてこれは、バーガーキングの逆説的広告なのか?

 

確かに、女性シェフというのは、あまり見たことがない

 

「女性を労働させないと経済が成り立たない、男がダラしない国」「女性を労働から解放しない女性虐待国」  ←男女平等とはこういう国

 

▲ 男女平等ランキングは、「女性の奴隷化」が進んでる国という事。女が出産&育児が出来ず、上位30位以内はどこも「日本より出産が少ない」。 なお日本の出産は「世界13位」。他の187ヵ国は日本より出産が少ないのだ。

 

「男性を優先して登用する」という制度など存在しないのに女性議員が少ないのは、「日本人女性の意識の低さ」が問題だって事だぞ。当たり前。そこに触れず、「聖域」にしようとするな。医科歯科大学受験の例も同じ。

 

女性差別だと言うのなら、「実力主義社会にしろ!」と言うのが筋であり、「女性枠」でねじ込むのは「差別のやり返し」でしかない。男と女は戦争してる訳ではない。 女性枠でねじ込むのは、つまり「投票」を軽視し、特別枠の使用であり、これは「民主主義の破壊」に他ならない

 

ソースは「しらべぇ」。 この運営会社は「博報堂」。 渋谷区の区長「長谷部健」は博報堂の社員。 長谷部健は博報堂のコネで渋谷ハロウィンをやってる。

 

▲【 渋谷ハロウィン 区長 長谷部健 博報堂 】

 

▲渋谷区の区長は、広告会社「博報堂」の【長谷部健】。 ▲この男が博報堂のコネを使って、渋谷ハロウィンをやらせてる。 ▲こいつは、【渋谷LGBTパレード】にシバキ隊&シールズを呼んだり、【同性パートナーシップ】をやって偽装結婚&国籍ロンダリングに加担したり、香山リカと【マイノリティ講演】をやってる。 ★つまり渋谷区長長谷部健は、シバキ隊&在日の仲間

 

★「しらべぇ」の顧問は「中川淳一郎」。 「ネトウヨに詳しい専門家」を自称している。

 

> 博報堂DYグループは、ゲインと共同で、NEWSY(ニュージー)を設立。 NEWSYは、「ニュースをつくるクリエイティブエージェンシー」として、従来の広告やPRといった枠にとどまらない「ニュース」を作り、企業独自のメディアやニュースコンテンツの開発も行っていく。 顧問に中川淳一郎を迎え、ニュース配信サイト「しらべぇ」の運営を開始。

 

>顧問に中川淳一郎を迎えニュース配信サイト「しらべぇ」の運営を開始 ▲>ネトウヨ評論家の中川淳一郎氏「もうネトウヨに興味がなくなった」 >中川淳一郎氏がNEWSポストセブンのランキング不正操作を疑われ >中川淳一郎 on Twitter: “オレ、ネトウヨとかヘイトスピーチの在日差別 >中川淳一郎 『ネトウヨはバカ!』 >中川淳一郎とフィフィと在特会会長

 

【しらべぇの過去記事】 →→→ >>ネトウヨは、*チックなHが好き? ネトウヨ2 さらに性的な嗜好についても、ネトウヨ・非ネトウヨでは、大きな違いが。 たとえば、カーテンなどで仕切られていることが多い「大人のおもちゃ」売り場に入ったことがある人は、非ネトウヨでも4人に1人いるが、ネトウヨ自覚者では6割に迫り、入ったことがない人のほうが少ない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です