ポルノ動画サイトで人気博した美女 経歴がバレてファストフード店を解雇



セクシー動画(Tero Vesalainen/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人気の店で働くセクシーな女性を見て、「ポルノサイトで見たことがある」と気づいたある客。その客が「どういうことだ」と店にクレームを入れた後に女性が解雇されたことを、『New York Post』などが伝えた。

■ポルノ動画で稼いだ過去

米国・アーカンソー州で暮らす女性(33)は、2010年にストリッパーとして働くように。だがその3年後には結婚し子供も生まれたため、ストリップはやめて、ポルノサイトにアダルト動画をアップし稼ぐようになった。

ここ数年は有名アダルトサイトでも人気を博していたというが、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になったため、アダルト動画の撮影中断を決意。「パンデミックが終わるまで別の仕事をして稼ごう」と考えた女性は、人気ファストフード店の仕事をしたいと考えた。

関連記事:小学校教員が10歳女子児童を盗撮 発見した児童らが校長に報告し裁判沙汰に

■正直に明かした過去

面接の際、女性は採用責任者に過去の仕事について正直に告白。「ポルノ関係の仕事をしてきましたが、問題はないでしょうか」と確認したが、「大丈夫、空いた時間に何をするかは自分が決めることです」という理解ある責任者の答えに安堵した。

その後に女性はめでたく採用され、早速仕事を始めることになった。

■「ポルノに出ていた」という指摘

しかし、そのわずか数日後に、女性は電話で解雇をいきなり言い渡された。その理由を聞いたところ、店側は「アダルト動画に出ている女がドライブスルーで働いていた」という苦情が客に寄せられたと説明。女性はひどいショックを受け、号泣したという。

この解雇騒動について、店側は「様々な経歴を持つスタッフを、我々はあたたかく迎えています」「ポリシーに違反する行為があったため、女性を解雇したまでです」と反論。女性の主張とは、ずいぶん食い違っているようだ。

■職業差別を受けた経験

しらべぇ編集部が全国の10~60代の有職者1,259名を対象に調査した結果、全体の22.2%が「職業差別を受けた経験がある」と回答した。これは決して少ないとはいえない割合であり、この女性も、ポルノ関係の職歴ゆえにクレームや差別に苦しむ結果になったようだ。

女性は「上層部の人と話をさせてください」と食い下がったというが、それさえも拒否されてしまったという。過去を正直に話したうえで得た仕事ではあったが、女性はとても残念な形で職場を去ることになってしまった。

・合わせて読みたい→新型コロナウイルスの影響で… 企業での不当解雇が続出していた

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年7月3日2020年7月7日
対象:全国10代~60代の有職者1,259名 (有効回答数)

ポルノ動画サイトで人気博した美女 経歴がバレてファストフード店を解雇

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

元凶としては苦情を言った客が一番悪いが… そもそも本当にあった事件なのか?検索してもしらべぇの記事しか出てこないぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です