マツコ、若者のテレビ離れを分析 「頭使うバラエティ番組は誰も見たくない」



マツコ・デラックス20日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では、Popteenモデルの莉子・あやみん・ゆなたこの3人と中継。マツコ・デラックスが若者の感性を分析する場面があった。

■動画コンテンツに「ありのまま」を求める時代

莉子の無言で勉強するだけ動画、あやみんの一重メイク動画、ゆなたこの人生初の料理や眉毛処理動画を見たマツコは「そこまできたか」とショックを受ける。

「頭をヒリヒリ言わせてゴテゴテに味付けした番組は誰も見ない。ありのままを晒している動画が140万再生される」と、若者離れの激しいテレビ番組と、逆に若者に人気のYouTube動画を比較して分析。

「私達が女子高生を理解した時点で若者が欲しい若さではない」と、若者の感性に関して気付きを得た上で、「リアリティを飛び越えてこれからはリアル」と自分なりに結論を導き出す。これにPopteenモデルたちも共感した。

関連記事:マツコ、1度しか放送しないテレビ番組に疑問 「もっと再放送すべき」

■テレビを見ても暇つぶしにならない

今流行のYouTube動画の意味の無さを理解すればするほど、「テレビは意味を探しすぎ。こねくり回しすぎ」と、昨今の若者のテレビ離れの理由を実感する。

「会社や学校に行って疲れて帰ってきた人たちがね。バラエティ番組を見てもう一度頭を使うのは、誰も見たくないよ」と視聴者のニーズを理解した上で、「テレビを見ても暇つぶしにならない」と、需要を満たしていないTVショーの問題点を改めて言葉にした。

■視聴者もマツコのテレビ論に共感

マツコが語るテレビ論はPopteenモデルだけでなく、視聴者にも響いた。

「めちゃくちゃ勉強になった。女子高生すげーな」「『勉強しなきゃ』という前のめりさが嬉しい」「リアルをTV番組で大人がやって失敗した結果がテラスハウス」など、マツコや女子高生たちの話を通じて、勉強をしたり気付きを得る声が多い。

リアリティよりもリアルの時代とは、つまり、ありのままの自分を売り出す時代。私生活の切り売りにも見えるが、それがコンテンツとして当たり前の時代がもう来ているのだろう。

・合わせて読みたい→マツコ、普段は顔を隠す配信アイドル『すとぷり』に感嘆 「スゴい戦略よね」

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ

マツコ、若者のテレビ離れを分析 「頭使うバラエティ番組は誰も見たくない」

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

というか番組の内容以前に字幕とか音声とかの演出がウザすぎて鬱陶しいので見ない。

 

ゲスト つってもYoutubeも字幕がある動画の方が伸びるしなぁ。

 

家の場合だがチャンネル権は親にあった。今好きなものを見てもいいよと言われても、とくに見たいものはない

 

収入も満足に得られない世の中で、情報を捌く能力は進化しないにもかかわらず情報量が莫大に増え続ける今の状態じゃ、余計な投資をしなければ得られない情報なんて真っ先に切り捨てられて当然でしょ。投資をするだけの価値があるのならともかく、情報操作やヤラセは当たり前のコンテンツなんぞに投資できるお金と時間がどこにある?

 

KK 情報操作やヤラセ満載なのはYoutubeも同じなんだけどな。

 

いるよねぇ、テレビはヤラセ捏造満載!ネットを見ろってやつ。そのネットの情報も元を辿ればテレビと同じ出所なのに。

 

出演者が何気ない会話をしてる風じゃん?その中に不自然にぶっこんでくるものがあるんだよ。例えばどこかの国の映画とかさぁ。普通知らねえよってのに他の出演者も「あれいいよねー」って言うんだぜ?そういうとこやぞ

 

単純につべやニコは自分の見たいものだけを見られる。地上波テレビは出演する芸能人の大ファンなら別にいいと思うが、そうでないなら大抵の番組は価値観や感情を押し付けられる見せ方だし、ニュースやワイドショーに至っては取得情報より害悪コメンテーターの悪影響の方が大きい。もう、映像コンテンツで地上波がネットコンテンツより有利な点はないよ。

 

単に趣味コンテンツの多様化だろ。テレビ見る以外にもやれる事がいっぱいあるだけ。youtubeを衰退の理由にしないように。

 

頭を使わないバラエティ(=リアリティショー)+SNSの普及=誹謗中傷からの自殺コンボなんだが、制作陣は理解してねぇんだろうね。

 

そんな難しい事じゃなくて面白くないからだと思うんですけど・・

 

内容はともかく、バラエティって頭使うの?不思議でならん。そりゃ疲労困憊なときじゃ面白くないし多少は頭使うが、そこまで疲弊しきってるのが普通なん?

 

省庁とかの発表をコーヒー豆としてネットは*コーヒーのまま飲めるけどTVは砂糖と称して*混ぜてくるだろ

 

ネットで自分の好きなものを自分の好きなタイミングで見られるようになったのが大きいと思う 昔ならこのアニメ見たいから6時には帰らなきゃっていうのもあったけど、今じゃニコ動でも一週間無料で見られるし あとはいいところでCM入れての引き延ばしとか視聴者の時間を無駄に指定して無駄に奪ってる

 

単純にクソつまらないだけ。身内でギャーギャー騒いでいるだけのゴミ番組だらけじゃねーか

 

むしろ頭を使わなすぎる、バカバカしいだけの番組が増えたせいで今の現状なのだと思いますよ。

 

俺は池上だの林修だの所ジョージだのEテレだの大好きだけど、10代は家に帰ってまでおっさんの授業は受けたくないわな。そりゃそーだ。

 

捏造やらせ偏向をやめるのと 自主規制自主規制で面白い事何も出来ないのを何とかしないとどうにもならんよ 最近はユーチューブ界隈も 収益化だの事務所がどうので 自主規制してるつまらん動画ばっかりだし

 

それで「バカしか見ない」「バカな内容」に特化させた結果が今なのだろうか。だとしたら昔の人は「テレビばかり見るとバカになる」と苦言を言ったのも頷ける。

 

ネットの発達によってテレビが如何に人生にとって役に立たないかが証明されちゃったからね。コロナにしてもマスク不足やら品薄を煽るだけで全く役に立ってなかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です