一度は住んでみたいと思う都道府県ランキング

生徒が憧れるような講師をマッチング【e-Live】

日本に存在する47都道府県は、それぞれ気候や環境が異なったり、県民性が異なったりします。中でも多くの人が住んでみたいと思っているのはどの都道府県なのでしょうか。そこで今回は、一度は住んでみたいと思う都道府県について探ってみました。

1位 沖縄県
2位 北海道
3位 東京都
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「沖縄県」!

透き通った美しい海とどこまでも続く青い空を満喫できる国内屈指のリゾート地、沖縄県。南国に住む人特有の明るく開放的な人柄や、“ウチナータイム”といわれる沖縄県民独特の時間感覚など、おおらかでのんびりとした県民性が魅力的。真冬でも10度以下になることはめったにない温かさで過ごしやすく、温暖な気候のおかげで独特な自然環境にも恵まれています。時間に追われてあくせく働く人から見て、沖縄ののんびりとした雰囲気に癒される人が多数。その他、マリンスポーツを趣味に持つ人からも支持され、1位となりました。

2位は「北海道」!

国内一の面積を誇る北海道。こちらも人気のポイントはやはり自然でしょう。とにかく広大な面積のほぼ半分は山地で、盆地や平野、湿地など、豊かな自然が広がっています。また、気候的にも梅雨や台風の影響を受けづらく、夏が涼しいなど過ごしやすい環境なのが魅力的。さらに、お寿司海鮮丼ジンギスカンラーメンといったご当地グルメから、新鮮な乳製品でできたスイーツまで、おいしいものが盛りだくさんの北海道は誰が見ても魅力的な土地。2位に選ばれました。

3位は「東京都」!

政治・経済の中心地である東京都。渋谷、新宿、表参道六本木、銀座といった繁華街が多数存在し、流行の発信地としても知られていますね。そんな東京は電車の路線が多く、どこへ行くにも交通の便が良いところが特徴。繁華街も点在しているため、買い物に困ることも少ないでしょう。毎年のように新しい施設がオープンし、ファッションやカルチャーなど常にトレンドの最先端を走る東京都。日々の利便性や娯楽から、東京都が3位に選ばれました。

このように、国内の人気旅行先である都道府県が上位を争う結果となった今回のランキング。気になる4位~44位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたはどの都道府県に住んでみたいと思いますか?

調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2020年2月21日2020年2月21日

一度は住んでみたいと思う都道府県ランキング

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です