世界の労働力管理市場は2026年までに85億8,860万ドルに達するでしょう



2021年4月15日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、世界の労働力管理市場は2026年までに85億8,860万ドルに達し、労働力分析の需要の高まり、運用効率の向上と人件費の削減、クラウド、5G、ビッグデータなどのデジタルテクノロジーの進化により、2020年から2026年にかけて毎年8.94%成長します。 、モバイルラットフォーム、および高度な分析ツール
86の表と90の図で強調された、この171ページのレポート「コンポーネント、オペレーティングシステム、展開モード、業種、組織の規模、および地域別のグローバルワークフォーマネジメント(WFM)市場2020-2026:COVID-19の影響と成長の機会」非常に詳細な分類を通じて、グローバルな労働力管理市場全体とそのすべてのサブセグメントの全体的な調査に基づいています。

レポートの範囲を確認するためのリクエストhttps://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=GMD474

深遠な分析と評価は、バリューチェーン全体の業界専門家から得られたインプットを使用して、プレミアムな一次および二次情報ソースから生成されます。レポートは2016年から2019年の調査に基づいており、2019年を基準年として2020年から2026年までの予測を提供します。

詳細な定性分析には、次の側面の特定と調査が含まれます。

世界市場の動向と見通しは、COVID-19を考慮して、楽観的でバランスの取れた保守的な見方で予測されています。バランスの取れた(最も可能性の高い)予測は、コンポーネント、オペレーティングシステム、展開モード、業界の業種、組織の規模、および地域の観点から、分類のあらゆる側面でグローバルな労働力管理市場を定量化するために使用されます。

コンポーネントに基づいて、グローバル市場は次のサブマーケットに分割され、2016年から2026年までの年間収益(百万ドル)が各セクションに含まれています。

ソフトウェアとソリューション

サービス

オペレーティングシステムに基づいて、グローバル市場は次のサブマーケットに分割され、2016年から2026年までの年間収益(百万ドル)が各セクションに含まれています。

展開モードに基づいて、グローバル市場は次のサブマーケットに分割され、2016年から2026年までの年間収益(百万ドル)が各セクションに含まれています。

インダストリーバーティカルに基づいて、グローバル市場は次のサブマーケットに分割され、2016年から2026年までの年間収益(百万ドル)が各セクションに含まれています。

  • IT&テレコム
  • BFSI
  • 小売およびEコマース
  • 健康管理
  • 製造
  • 教育
  • 政府
  • その他の業種

組織の規模に基づいて、世界市場は次のサブマーケットに分割され、2016年から2026年までの年間収益(百万ドル)が各セクションに含まれています。

地理的に、リストされた国/地方の市場と一緒に次の地域は完全に調査されます:

各地域と主要国について、2016年から2026年までの年間収益(百万ドル)の詳細な分析とデータが利用可能です。国別のすべての地域市場の内訳、および予測年にわたるコンポーネント、展開モード、および業種別の主要な国内市場の分割も含まれています。

レポートはまた、現在の競争シナリオと予測される傾向をカバーしています。市場のリーダーや重要な新興企業を含む主要ベンダープロファイルを作成します。

キープレーヤー(これは完全なリストではない可能性があり、リクエストに応じて追加の会社を追加できます):

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=GMD474

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

配信元企業:Report Ocean

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

そりゃそうだろうね<(~~;労働市場から特亜とか不法入国者を選別排除しつつ無人自動化設備投入とともに適材適所の人材投入を行い利潤を上げ生産効率向上をはからなきゃならないからねd(ーー)単純労働の縮小、利益利潤を上げるための効率省力化は企業の命題だからね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です