右肩上がりのいじめ…撲滅するには学校側にもペナルティを!



TOKYO MX地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月~金曜7:00~)。12月3日(木)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、弁護士の菅原草子さんが“いじめ防止に向けた法律の充実化”について述べました。

◆年々増加するいじめ、学校側の対応は?

横浜市教育委員会は、いじめ防止対策推進法に基づく調査の結果、市立の小中学校で2件のいじめが認定されたと発表。調査報告書によると、いじめを受けた児童は心身の苦痛を訴え、保護者が転校を学校に申し出たものの許可は得られず、その児童は中学2年生になった今も重度のストレス障害との診断を受け通院中とのことです。市の「いじめ防止基本方針」では「学校いじめ防止対策委員会」を常設し、定期的に開催するとしていますが、問題のあった小学校では常設されていませんでした。

菅原さんは弁護士として日々いじめ問題に奔走していますが、現状、認知件数は増加傾向にあり、2019年は前年度6万件増の61万件以上。また、2013年の「いじめ防止対策推進法」成立に伴い、いじめの定義も定められており「被害を受けている児童の心理的または物理的影響を与える行為、その児童が心身の苦痛を感じているものはいじめと定義されている」と解説。

さらに、いじめのなかでも“重大事態”があり、それはいじめられた児童の生命、心身、財産に重大な被害が生じた疑いがある、または相当期間学校を欠席している場合で、その際には特別な対応をすることになっています。

一方、学校側の対応も法律で定められていますが、「いじめを行った児童への指導」や「その保護者への助言」といった程度で、その抽象的かつ曖昧な規定を菅原さんは疑問視。「確かに学校のやりにくさもある」と案じつつも「これによって学校が対応できないところもある」と危惧します。

◆法律を学校が使いやすく充実した内容に!

総じて菅原さんは「現場が使いやすく、充実した内容の法律にすべき」と主張。まずは「いじめに対し、いろいろな対応が取れるようにもう少し具体的に例を提示してあげるべき」と言います。例えば、いじめられている子を他クラスに移動、もしくは転校させるなど。また、その場合は「基準も明確に定めてほしい」と補足します。

そして、菅原さんが注視していたのが「対応不足の学校に対するペナルティが定められていないこと」。そのために学校がいじめに対応しないケースがあるとか。ゆえに、教育委員会の指導や学校名を公表するなどペナルティの必要性を説き、「でないと(学校が)対応しないまま、いじめが残ってしまう」と心配します。

MCの堀潤は「教育委員会への指導も必要」と意見しつつ、それ以上に「いじめられた側がクラスを移動するのはおかしい。いじめた側が移動すべき」と指摘すると菅原さんも同意。法律上そのような見解があるものの、学校側の判断に委ねられているそうで、「現状では思い切った決断をする学校がない」と嘆きます。ただ、クラスを変えるなどちょっとしたことでいじめがなくなることもあるそうで、「どんなことでもいいので、少しずつ対応できるように変えていってほしい」と願っていました。

「東洋経済オンライン」編集部長の武政秀明さんは、根本的な原因として「閉鎖空間に閉じ込めて極端なまでに集団化する教育制度に問題がある」と言い、「多様性を認めるような教育にしないと」と訴えます。

また、キャスターの宮瀬茉祐子は学校が判断できないのであれば教育委員会とも違う第三者的な機関を作り、介入していくことを望んでいました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:モーニングCROSS
放送日時:毎週月~金曜 7:00~8:00 「エムキャス」でも同時配信
レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/morning_cross/
番組Twitter@morning_cross

右肩上がりのいじめ…撲滅するには学校側にもペナルティを!

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

またパヨクメディアかw規制増やしたくてしょうがないみたいだなwいじめ防止のために監視のためのマイクロチップでも取り付けたいか?w

虐めの増加というより認定ラインが下がっただけのように思う。昨今のあだな禁止とかへんな方向に向かってる学校まである始末。虐め撲滅は結構だが、なんだか社会全体がおかしな方向に進んでないかい?

↑認定ラインが下がる事が悪いみたいな言い方やめろ。認定ラインの見直しや再定義のおかげで今まで泣き寝入りしていた子や家族が救われやすくなっているんだよ!

増えているのは増えてるんろうが、認知率の増加も絡んでるイメージ

逆だろ。ペナルティなんか設定したら学校はいじめの存在を今以上に必死で隠すようになるぞ。

いじめた側を懲役刑にしろ。

法整備するのは良いとして、それを施行する為に環境を整備しなきゃいけないわけよ。その為の支出に文句言う奴らをまず黙らせるべき。「教育費のために税率上げます」に対して「どうぞ」って言えるようにしなきゃ。

隠蔽を推奨するような制度体系を主張するんかい…

そもそも異物に対する過剰反応なのは明白なんだから、出来るだけ必要な時が来たら違和感が少ない集合を迅速に作り管理する体制作りの努力しろと 後は違いに対する理解と寛容さと必要な時の隔離など対処をキッチリ理論的にも感情的にも幼い時から理解度に合わせ学ばせれ

学校がイジメ発見しても大したこと出来ないんじゃないか? 加害者側を注意したら隠れてエスカレートしそうだし、学校外でやる可能性もあるぞ? やっぱ警察介入しなきゃ難しい気もする。

結局、懲罰と恐怖で支配するしかないんだよなぁ

なーるww。いじめたヤツを虐めればいいんですよねww。川崎国の逆恨み爺みたいに在日に逆らったら逮捕ってわけですww。本当に良く出来た条例ですよね感心します。教育の現場にも日本人差別を持ち込むとは、なかなかやりますよねww。浸食浸食、始まってますよーww。

20人学級にすればいっぺんに減るぞ。財務省のケツぶっ叩いてはよやらせれ

その分普通の人間が加害者扱いされて困るわけですがね。自称いじめられっ子の被害妄想に付き合っては教育は機能しません。

被害者面のプロの末裔とか居ますからね。英紙教育受けた精鋭ですぞww。

過去にもいじめっ子に厳罰を!学校にもペナルティを!という流れはありましたが、お流れになりました。理由は単純で、いじめっ子の方が多数派だからです。1人の社会不適合者を守るために数人を罰してうまくいくはずないですからね。いじめられっ子が多数派になれる場所なんてのは、ここくらいなもんです。それを受け入れない限り、どんどん過激な発想になっていく。

英才教育、凄いんだろうなww。怖い怖いww。

設定ラインが下がった事によって増加しているように見えているだけだから拡大傾向と言うのはミスリードだろう。学校への罰則は学校の隠ぺい体質が更に強くなるから下策。少年法を改正して苛めたら即少年院にぶち込むようにして、一年生の頃から義務教育でいじめをしたらどうなるのか耳にタコが出来るくらいやってやればいい。

いじめは暴力なので警察介入、そして加害者の親を罰すればいいと思うけどね。

警察介入だの親を罰するだの、そんなことをしたら社会が成り立たなくなりますよ。いじめを絶対的な悪という前提で考えるから、被害者や加害者の比率も考えない滅茶苦茶な案ばかり出る。動物の世界でも起きる自然現象という点から出発してこそ現実的な対策が取れるというものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です