年収1000万円超の男性「ニートの"働いたら負け"は正解。高所得者は税金で搾取されるだけ」

【キララウォーター】

働いたら負け?

働いたら負け

給与から引かれていく税金や、その制度自体に不満を募らせる人は多い。神奈川県の30代女性(年収100万円未満)は夫婦共働きで、自身は流通・小売系の会社でパート勤務。キャリコネニュース

「扶養内に収める働き方では、子育てをする上で足りない。扶養を抜けて働くと、税金を多く取られる。要するに中途半端に働くと、損をする」

という声を寄せている。兵庫県の50代男性(IT・通信系/年収1100万円台)も、その意見を主張する1人だ。(文:鹿賀大資)

「たくさん稼いでいる人は、たくさん働いている。プライベートを犠牲にしてきたのに…」

男性は「世の中は『助け合い』と言うが、実際には弱者への一方的な援助。高額納税者には何の補助も恩恵もない」と綴る。「たくさん稼いでいる人は、たくさん働いている」と持論を展開する。

「若い頃から努力や工夫を重ね、プライベートも犠牲にしてきた。そうやって知恵を働かせてより多く稼いだ者たちが、多額の税金で社会貢献をしても何の感謝も見返りもない。これでは勤労意欲を削ぐだけだ。北欧では収入の大半が税金となる反面、当然の権利として社会的な恩恵を誰もが受けている」

男性はそうした海外の事例を引き合いに出した上で、日本の税制に対して「多額の税金を収める高所得者は搾取されるだけ」と憤る。

さらに、一般的な給与所得者の世情についても「収入が増えれば増えるほど税率は上がる。しかし補助は受けられず、逆に手取りが減ってしまう」と声を上げ、

ニートの言う『働いたら負け』とは、ある意味で正解であり名言である」

コメントしている。

「今の所得で身分相応な生活をすればいいだけです」

一方で、「もっと高所得者や富裕層に課税して、低所得者に再分配すべきです」と主張する人もいる。都内在住で年収は数千万円だという40代男性(専門コンサル系)だ。「”税金が高くて怒っている人”に怒っています」と続ける。

「他の先進国比で見て、日本の税・社会保障負担は中程度です。決して高い方ではありません。ちなみに日本の税制が嫌で海外に出たとしても、簡単に永住権なんか取れませんよ。それに税負担が低いとされるシンガポールや香港などでは、世界の富裕層の流入で、物価や住宅価格が尋常でなく高いです」

こうした独自の見解を踏まえた上で、男性は「今の所得で身分相応な生活をすればいいだけです」とコメントする。また「都心に住んで海外旅行に毎年行ったり、子どもを私立に通わせたり、それって生きていくのにすべて必要ですか」とも綴っている。

ほかには、

「定年になれば、積み上げてきた年金がもらえると思い働いてきた。だが国会議員の馬鹿どもが自分の肥やしにしている。こっちはもらえるはずだった年金を先延ばしにされているのに、議員たちには滞ることなく支給されている。国民が誇りに思える議員は、どこにいるのだろうか」(50代男性/群馬県/流通・小売系/年収500万円台)

といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「税金が高くて怒っている人」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収500万円の男性、税金に怒り「毎月9万円近く引かれる」
世帯年収1800万の夫婦「ランチ代は500円。たまの贅沢は予算3万円で外食。税金が高く国の補助もないから生活は質素」

年収1000万円超の男性「ニートの”働いたら負け”は正解。高所得者は税金で搾取されるだけ」

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

少子高齢化で社会保障は崩壊するし、保険料引き上げ&増税で中高所得者も搾取されまくるし、全員で負け組になるのが、未来の日本じゃないの?

年収1000万円程度じゃ年収200万円以下の人と税負担率は全く変わらんよ

コネのあるクズを教師にしてコネのあるクズを議員にする。そして低賃金で働いてる人が不満を言うと、中程度の賃金の人がお前の時給1000円もらえるだけの仕事しとるんか?と叩く。この国に未来はあるのか?

配偶者控除は、年収800万円の夫と専業主婦の妻の家庭が、年収400万円の夫と年収400万円の妻の家庭よりも税金がかなり高いから、その差を縮めるための制度ですよ。

年収1000万円超の人が子供3人以上持つ率が一番高いそうだから、この層に豊かな家庭を営んでもらうのが、少子化対策にはいちばん合理的だと思う。仕事はしんどそうだけど、社会人・家庭人としての需要も最も高いんだよね。

あと30年もすれば、今の老人どもはいなくなるだろうから、税金や社会保障負担もちょっとは楽になるんじゃないの?それまでは、年金とか健康保険とか、期待できるものはなにもないでしょ。だって、だれも何もやってないし。選択肢がないからと言って自民に投票してるヤツ、政治家はそれを知ってるから何もやらないんだぞ?だって何もしなくても当選だもん。笑いがとまらんだろうなあ

その”あと30年”が問題なんだよ。高齢化率40%で推移しつづけ、社会保障費はピークの2040年に190兆円も掛かり、それを支える現役世代はボロボロ。GPIFも枯渇しかねず、2050年にはカネのない高齢者(今の現役)vsカネのない現役 みたいな地獄の構図になる。

プライベート犠牲にして、社会に金を還元しないから税金が必要になる。だいたいプライベートを犠牲にしなければならない時点で、費用対効果や会社が悪い。

じゃあ働かなければいいじゃないですか? 過労死寸前のワープアからしたらとてつもなく贅沢な悩みだね

年金医療を改革する新勢力があるんなら喜んで自民から鞍替えするけど、現状は”先送り”の自民vs”もっと高齢者にカネ寄越せ”の野党 っていう救いのない状況になってるからね。ちゃんと政治家を育てなかったせいという意味では、現役の自業自得とも言えるけど、少子化のしわ寄せを受ける子どもたちは、本当に可哀想だよ。

年収1000万以上は全体の5%だろ、税収全体からしたら人数の多い低所得者の方が国を支えてるような

makotoお前みたいなのが若者世代から『老害』と呼ばれ、消えるのを望まれるだけだぞ

その5%が所得税額全体の5割を負担してる。

ちょっと古いグラフ記事だけど、分かりやすいので見てみると良いよ。「全体の4%が、税収の5割を負担する所得税」の箇所→ 

これに加えて会社員だと、社会保険料を労使合算で年収比3割負担してる。

働くって素晴らしい!だから私のために働いて税金納めてくれ。骨の髄までいただきます。

25年くらいで稼いで早めにリタイヤするのが正解かと。資産はあっても収入が無ければ住民税もゼロだし健康保険も格安になる。固定資産税や特定口座の源泉徴収はあるけども。

まだ年収何万ネタの不満()で記事書いてんの?

最近年収1000万程度で威張りくさるアホが多いよな。一番中途半端な年収なのに。

法人税も、結局は会社員の労働力(売上≒所得)が原資みたいなものだし、低所得者の税収全体の負担は消費税くらいだよ。これを払わなかったら本当に何も負担しなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です