座間9人殺害 凄惨な犯行現場「ノコギリで首を切り落とし、ぴちゃんぴちゃんと血が一滴ずつ落ちて…」



「失神した女性でなければ…」白石被告が法廷で明かした異常な“こだわり” から続く神奈川県座間市アパートで男女9人を殺害した事件をめぐる、白石隆浩被告(30)の証言は続いた。

10月27日の法廷では、5人目に殺害されたEさん(当時26、女性)の場合は、それまでの4人と違って、部屋で話をして、薬や酒を飲ませて、眠くなってきた状態で襲ったわけではないことが明らかになった。Eさんは、元夫とLINEをしたり、電話をするために、白石被告のアパートを少なくとも5回以上は出入りしていたという。

「私が寝た後で、殺してください」とEさん

Eさんは、2017年9月24日7時台に相武台前駅で白石被告と合流している。8時ごろには、部屋についているが、その後、元夫とLINEをしている。

Eさん 今日会えない。出かけることにした。

元夫 大丈夫

Eさん さいなら。

元夫 どうした?

(その後、元夫から4分55秒の通話)

元夫 連絡して。

(その後、Eさんから40秒の通話)

Eさん 死ぬの怖い。

元夫 ちゃんと話し合おう。

Eさん うちが死んだら悲しい?

元夫 悲しむよ。あたり前だろ。

Eさん ありがとう。今、吊っているけど、うまくいかない。

元夫 やめたら。

Eさん やめないよ。みんな私を煙たがっている。

こうしたやりとりをした後、Eさんはまた白石被告の部屋に戻る。部屋に来る前、Eさんは「私が寝た後で、殺してください」と白石被告に話をしていた。しかし、部屋に来たときには、Eさんは何度も出入りをしていたため、ヒモになれるのかどうかの見極めに時間がかかった。

バッグの中にあったポーチから、所持金数千円を奪った

そのため、白石被告は「(Eさんが)帰ってしまうのではないか」と考え、Eさんが部屋に戻ってきたときに、玄関の鍵を閉め、薬やお酒が十分に効いていないかもしれない段階で襲った。

「Bさん、Dさんを殺害するときは、薬やお酒が効き、床に手をつき、ぐったりしていた状態のときに、いきなり背後から胸を触って、首を絞めるという手順でした。しかし、Eさんの場合、急に襲って、胸を触らずに、首を絞め、引き倒したという記憶があります。(Eさん以外の)他の人は部屋で話し込んでいたのでそうしましたが、Eさんの場合は、出入りを繰り返していましたので、部屋に戻ったときに急に襲いました」

襲いかかる時、壊れないようにメガネを外し、浴室に置いていた。その後、レイプをして、下着や上着を着せて、ロープに吊るし、バッグの中にあったポーチから、所持金数千円を奪った。そして、30分から1時間放置し、死亡確認をした。検察側の質問にこう答えた。

「立ち姿勢か、座り姿勢だったかは覚えていないが、背後から右手で首を絞め、左手で顎や口をおさえました。首を絞めるときは、Eさんの顔を見ていません。もし、指で目を突かれたら困るから、顔はEさんの胸やお腹の付近にありました。基本的には相手の指が届かない位置です。

その後、失神するまでの記憶はありません。おなかを殴ったかどうかは記憶にありません。やったかもしれないし、曖昧です。失神したとわかったのは、相手の抵抗がなくなったからです。一方的な格闘でした。私のほうが力が強いからです。失神後は、陰茎部を挿入し、射精しました」

首を切り落とすための時間は1分から3分

首を吊った後、放置している中で、遺体を解体するため、ノコギリや包丁の準備をした。

「包丁で皮を剥ぎ、ノコギリで首を切り落とした。切り落とすための時間は1分から3分。切り落とした後は、血抜きをするために、30分から1時間放置しました。最初は水道から水が出るように血が出ているのですが、そのうち、ぴちゃんぴちゃんと血が一滴ずつ落ちている状態になり、血抜きが終わったと判断しました。

その後、大きな骨と頭部は、猫砂を入れたクーラーボックスの中に入れました。しばらく胴体は浴槽に浮かせて、腐敗を防ぐために、ロックアイスも入れました。消臭のため、柔軟剤を浴槽に入れたり、浴室の換気部分にかけました」

白石被告は、1人目のAさん殺害後は頭痛に悩まされたという。しかし、Eさん殺害では頭痛などの症状はなかった。コンビニで買ったペペロンチーノサラダチキンを食べていた。

「食欲の減退はありませんでした」

遺族は「罪を償ってほしいです。死刑を求めます」

前日、Eさんの母親が証人として出廷。「事件が起きてからすごく苦しくて、これからも苦しい思いをしていかなければならない。そのことをわかってほしい。被告人には少しでも苦しさを理解してほしい。罪を償ってほしいです。死刑を求めます」と涙ながらに証言した。

また、元夫も証言し、「離婚したのは、一度離れてみようと思ったから。娘とも2週間に1回は会う約束をしていました。最後に会ったのは9月20日。元妻はいつもと変わらない様子でした。(事件後の)9月27日には、これからどうするかの家族会議が開かれることになっていました」などと話した。

ちなみに、Eさんがいなくなって、母親は警察に行方不明者届を出している。そのとき、Eさんの家にいくと、正面玄関には「おそ松さんグッズが大量に置かれており、勝手口から家の中に入ったという。そして、テーブルの上にあった名前や作成日はないメモには、「ひつようとされていない。じゃまものあつかい。きらわれもの、もういやだ。こんどこそせいこうさせよう。じさつしたひとがうらやましい」などと書かれていた。

ただし、この日の法廷でも、白石被告は承諾殺人を否定した。

(渋井 哲也)

男女9人の遺体が見つかった座間市内のアパートの近くに供えられた花 ©時事通信社

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

もしつらくて寝れないことがあれば弁護士にメールしてみてください。 あなたの抱えている悩みは解決可能かもしれない。 必要なのは相談する勇気です。 あなたの側にいる弁護士がいます。

 

遺族連中は白石被告に死刑を求めているが被害者が精神的に追い込まれ白石に接触するまでに至った責任は遺族にもあると思う

 

9人もの遺体を頭部以外所在も分からいほどうまく隠すってどんな技術?色々意味わからん

 

うーん…この件についてすべてを被告のせいにして死刑を求刑するのは生贄的というか、「殺人」と「被害者の感じていた生きづらさ」という2つあるはずの問題のいっぽうを勝手になかったことにする不正を感じるな…司法は単に遺族の気分を良くするためにあるものなのだろうか

 

9人のうち8人女性で性的暴行を加えた上で殺害、男性1人は事件発覚を恐れた口封じという時点で「自*たかった連中だから幇助しただけ」という理屈は通じないからね?被害者が自殺支援サイトに書き込んでいたという事実はこの際関係あるまい

 

カネ欲しさと性欲の解消のためって部分はあるだろうけど、殺害と遺体の処理まで考えたらどう考えても割に合わんだろ。被告(犯人)と被害者の利害が一致したって感じだと思うけどなぁ… ただ、被告本人が確か「これは殺人です」って不利になる主張してたと思うから、悪いことしてるって意識はあって、あと、もう疲れたんだろうね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です