愛犬がクマに襲われている! それを見た飼い主はクマに向かって突進して…

毛穴の汚れをごっそり落とすふきとり化粧水【AHAピー ルローション】

私たちに無償の愛と癒しをくれるペットたち。彼らはまぎれもなく家族の一員といえるでしょう。

そんな愛するペットを守るために文字通り、命をかけた男性がいます。

アメリカカリフォルニア州に住むケイレブ・ベンハムさんはピットブルの『バディ』と暮らしています。

Posted by Kaleb Benham on Sunday, December 30, 2018

海外メディア『CBS Sacramento』によると、2020年11月25日、ケイレブさんが自宅にいると外から何かのうなり声が聞こえてきたのだそう。

その時バディは家の近くで遊んでいたため、気になったケイレブさんが様子を見に行くと、彼の目に恐ろしい光景が飛び込んできます。

なんと大きなクマがバディの頭をくわえて引きずっていたのです。

クマは体重が350ポンド(約159㎏)はあると思われ、バディの頭は完全にクマの口の中に入っていたといいます。

それを見たケイレブさんはためらうことなくクマに向かって突進し、クマのノドをつかんで顔と目を殴り続けました。

するとクマはバディを離し、逃げて行ったのです。

命は取り止めたものの、バディの顔はクマに噛まれてズタズタでした。ケイレブさんは急いでバディを動物病院へ連れて行き、すぐに手術が行われます。

手術は3時間半にもわたり、ケイレブさんはその様子をずっと手術室の外から見守っていました。

バディは顔中を何針も縫う大ケガを負いましたが、幸い目は傷付いていなかったということです。

ケイレブさんは今回の出来事についてこう語っています。

もしあなたの子供が襲われたら、どうしますか?

バディは僕の子供です。僕は彼のためなら死ねるでしょう。

CBS Sacramento ーより引用(和訳)

Posted by Kaleb Benham on Wednesday, June 5, 2019

そんなに大きなクマに襲われたら、人間でも命を落とす危険があります。しかしケイレブさんが助けなかったら、バディは最悪の結果になっていたかもしれません。

ケイレブさんの勇敢さとバディを愛する気持ちの強さに胸が熱くなります。

現在バディは順調に回復しているということです。1日も早く元気になって、またケイレブさんと一緒に遊べる日が来るといいですね。


[文・構成/grape編集部]
出典
Kaleb Benham@AnnaGilesTVCBS Sacramento
Kaleb Benham

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

なんとなく、よつばとのジュラルミン襲われる回思い出したわ

ピットブルって狂暴な犬種じゃなかったっけ

愛がすげぇ・・・果たして家のクソ犬が熊に襲われても同じ事ができるだろうか。猫ちゃんなら迷わず行く

飼い犬がクソなのは飼い主のしつけが失敗してるだけだから自分がクソだと自己紹介しているようなもの

無慈悲なしつけミス指摘

素手で熊相手に……人間の底力ってすげぇわ

知り合いの犬が熊に襲われて以降とても静かになったそうな。この犬も小屋でジッとおとなしく出来る様になるだろう。

しかもアメリカンクマーってヒグマと同じやつなんじゃ…

クソなのは、クマに立ち向かいもせずPCに向かいながらクソ犬やら躾ミスやらほざいてる阿呆丸出しな奴な。ケイレブさんの行動は勇敢等の陳腐な言葉では表せない輝かしいものだ。謙遜なく誇っていいものだ。バディの怪我も早く治ってケイレブさんと遊べるようになるといいですね。

nnn↑この記事からどうして「飼い犬がクソ」という結論に至ったのか分からんので済まんが解説してくれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です