映画の歴史塗り替えた『鬼滅の刃』 費用500億円・アベノマスクとの比較が話題に



鬼滅の刃

28日、「劇場版鬼滅の刃無限列車編」の興行収入が、324億円を突破したと発表された。日本映画の歴史を塗り替えた偉業に驚きの声が上がっているが、「お金」という視点で考えると、年内に実施された「とある政策」の影が浮かび上がってくる。

■『鬼滅』の更新した記録

28日午後、『鬼滅』公式ツイッターは「公開73日間で観客動員 2,404万9,907人(興行収入324億7,889万5,850円)となりました」と、報告のツイートを投稿。

続けて「2020年、映画と共に、様々な形で本作に触れていただいたお一人お一人に心より御礼申し上げます。皆様のご健勝とご多幸をお祈りしております。良いお年をお迎えください」と、観客に向けて感謝と労いの言葉をつづっている。

関連記事:市川海老蔵、『鬼滅の刃』歴代1位を祝福 『千と千尋』は7回見た?

■『千と千尋』を抜いて歴代一位に

その爆発的ヒットを受け、公開当初より「興行収入300億円超え」を期待されていた『鬼滅』は、とうとう2001年公開の映画『千と千尋の神隠し』が19年に渡って維持してきた「国内上映作品」における興行収入1位の座を獲得。

鬼滅の刃

これを受け、各界では『千と千尋』を引き合いに出しつつ、新たな記録を称賛する声が相次いでいる。事実上、国内の映画作品からは『鬼滅』が指標とするライバル作がなくなったワケだが、ツイッター上では「300億円」という金額をまた別の視点から見たツイートが注目を集めた。

■「アベノマスク」にかかった費用と比較

話題となっているのは、「アベノマスク」の通称でお馴染みの政策にかかった費用。こちらは新型コロナウイルスの流行に伴い、安倍晋三内閣によって実施された政策で、全世帯にガーゼ製の布マスクを配布する内容…であったが、マスクそのものの品質や対応の遅さ、実施に当たって発生した費用額の大きさから非難の声が非常に多い。

『鬼滅』の興行収入を受け、アメリカ文学者・髙村峰生氏は自身のツイッターより「これだけのヒットでも、まだまだ『鬼滅の刃の興行収入300億<アベノマスクにかかった費用500億』というのは、稼ぐのは本当に大変だが、使うのは一瞬であるという教訓を与えてくれるなあ」とつづった文章を投稿。

「めちゃくちゃ分かりやすい例え」「今年の政策のはずなのに、もうこの費用のこと忘れてました…」「鬼滅には500億円を突破してほしい」など大きな反響を呼んだ同ツイートは、1.3万件以上ものRTを記録している。

■政策と費用

鬼滅の刃

あくまで『鬼滅』はエンタメ作品で「アベノマスク」は政策であるため、比較の対象としては適切ではないかもしれない。しかし2つの異なる事象にはそれぞれ巨額の「お金」が動いており、世の中に与えた影響の大きさを考慮すると、「300億」と「500億」という数値から、これまでとは違う印象を受けてこないだろうか。

ちなみに政府が15日の臨時閣議で、コロナ禍への追加経済対策を盛り込んだ2020年度第3次補正予算案を決定した際、事業期間を延長する「GoToトラベル」事業に1兆311億円、宿泊施設の改修などを支援する事業には550億円を計上している。

日常生活に馴染みがない巨大な金額をイメージすることはなかなか難しいが、政策にかかった費用や予算、人気商品の売り上げなどを比較することで、新たな発見があるかもしれない。

・合わせて読みたい→劇場版『鬼滅の刃』が興収288億超え 「300億に向けて」応援の声集まる

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

映画の歴史塗り替えた『鬼滅の刃』 費用500億円・アベノマスクとの比較が話題に

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

マスクとアニメ映画には何の関係も無い、比べる事自体がオカシイ。別物を引っ張り出して勝負を仕掛ける珍妙。日本人のエンタメを扱き下ろしてマウントとって、韓流ゴリ押しする在日みたいで変です。

マスク届いたけど映画うちに届いていないですよ

アベガー発症してますねえ

映画は少年向け作品ですよ。保護者が映画館に付き添った結果だと思います。年齢層が高い作品なら結果は違っていたと思います。子供だけで映画館には行く事は出来ませんから。

鬼滅もこういう奴らが乗っかってくるようになったか本当に不快だからやめてほしいわ

卑怯なレベルの引用。まあその視点自体は悪い物じゃないけどね…

こう言う引き合いを出す輩に限って、作品の良さもメッセージも何も理解していないのがよくわかる。

多分、見てませんね。日本人の若者が、にじうに熱狂しないから立腹なようですww。彼女達が冷遇されるのは、全部、日韓関係を政治で考える。日本の中高年の所為だと思ってるみたいですけど? 若い人は純粋で韓流に夢中で、中高年に困惑してるらしいですよww。日本人は完璧に断絶してるらしいw。現実は逆ですけどね。家族連れで映画に行ってる日本人は幼稚なキモオタじゃ無いですw。

見ない人がいても300億稼ぐのと、徴収した税金から500億使うの比べて誰か元気になるの?

アニメの映画と政策の費用を比べて、何の意味があるんだ?しらべぇの編集部は、薬をキメて記事書いてるのか?

こんな比較するなら、この映画は人一人にとってマスク2枚分の価値もない事になる気がするんですが

やっぱこいつらしなねーかなと思うね あ、もちろんジョークですよ^^

1日3憶かかる国会で阿保みたいにモリカケや桜問題を何百回も追及して、何も出てきませんでしたってのも比較にだしてやれよ。

もはや意味不明な記事

アベノマスク有難がってるのなんて、ネトウヨだけ。安倍本人だって、もはや付けてない。

テトラさんの書き込み見て、本当に国会が一番無駄な気がしてきた・・・周辺で働いてる人はいい迷惑かもしれないが、国会議員はもう無駄な経費使わないようにリモート国会で、給料は出来高制でちゃんと法案作ったら支払いじゃないとホント*々々しい・・・

国会一日分の3億円の費用あればもっと鬼滅の新作映画見れるようになるのになあ・・・テレビシリーズなら20本作れる・・・

鬼滅300億<マスク500億。使うのは一瞬。→バイオハザードは恐ろしい→その原因を作った中共マジ許すマジ。こうですね、わかりました。更に、マスクに言及しているのはアベガー。アベガー=反中共。加えて安倍政権は国賓招待など中共寄り。謎はすべて解けた!・・・いや、何かおかしいな。なんだろう。

こういう記事は対立煽ってどちらの印象も落ちるからやめてほしいな。自身の意見としてではなくtwitterを引用したところもタチが悪い

アベノマスクが政策としてよかったとは思わないけど、無関係な映画の興行収入と比べるのはナンセンスかなあ。元ツイの非難の部分しか取り上げてないしバイアスかけて記事にするのはどうかと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です