異性愛者ばかりの社会でも私はレズビアンなのに…「同性愛が広まる」発言への違和感



同性愛が広まると足立区は滅んでしまう」とある区議会議員の発言が、大きな問題となりました。

多くの人から批判の声が上がりましたが、当初は「謝罪するつもりはない」と開き直っていた当の議員ですが、今日、ようやく区議会本会議で謝罪がありました。

しかし同性婚の話題になると、こうした類いの意見はよく耳にします。とくに政治家という立場の人物からも、こうした差別発言は繰り返されます。

今回はそんな発言を聞いた、とあるレズビアンの想いを漫画にしました。

【漫画で読む】同性愛が広まると区が滅びる? 同性婚が認められると同性愛者は増えるのか

同性愛カップルに育てられると/同性愛について学校で教えると/同性愛を描いたドラマや映画が増えると、同性愛者になる」

そもそも、異性愛ではないことを”よくないこと”と捉えているからこそ出てくる発言ですが、はたして同性愛が当たり前になり、法律によって異性愛者と同じ権利が認められるようになったら、同性愛者は増えるのでしょうか。

漫画の中にもありますが、現在の社会は異性愛(かつシスジェンダー)の物語で溢れています。多くの人が異性愛者の家族のもとに生まれ、異性愛を前提とした教育を受け、異性愛を描いた映画やドラマ、小説と触れ合ってきます。異性愛者を想定したサービスも、世の中に溢れていますよね。

しかしそんな社会の中で生きているからといって、同性愛者は異性愛者になるでしょうか。今よりももっと異性愛規範が強く多様性が認識されていない時代に生きていた当事者たちは、異性愛者になったでしょうか。

同性婚を認めたらどうなる? 世界で賞賛された国会議員のスピーチ
今、私たちがやろうとしていることは「愛し合う二人の結婚を認めよう」。ただそれだけです。
www.huffingtonpost.jp

当然、今回のような議員による差別的な発言が許されない社会の空気ができ、法律面の差別も解消された世の中では、今よりもカミングアウトをする人は増えるかもしれません。それはつまり今まで、そして現代においても、カミングアウトをすることができずにいる人が多くいるということ。

「法律で認めると同性愛が広まってある自治体が滅びてしまう」という考えがどれだけ非論理的かわかると思います。

少子化はLGBTQ+のせい?

また、今回の議員の発言には他にも問題がありました。それは「普通の結婚をして、普通に子どもを生んで、普通に子どもを育てることが、いかに人間にとって大切なことであるか」というものです。

これは、同性愛者だけでなく異性愛者の人権も損なうものです。なぜなら子どもを持つ/持たないはあくまで個人の選択によるものだから。そして、子どもをほしいと思っても持てない人もいます。

これまでも女性を子どもを産む機械であるかのような発言は繰り返し政治家によってなされてきました。「少子化は”行き過ぎた男女平等“で、子育てをする女性が減ったから」という考え方も、何度も耳にします。その責任の転嫁先が女性から同性愛者になったのでしょう。

しかし、もちろん「働きに出るようになった女性」や「同性愛者を始めとするLGBTQ+」のせいなどではありません。

・働きながら子育てしやすい環境を作れていない政治
・同性カップルに法律的な保障を認めていない政治
・経済的理由で子育てを諦めざるを得ない人を自己責任と放置する政治
・多様な家族のあり方を認めようとしない社会

こうした、政治の責任はいったいどこにあるのでしょう?

「育てたいと思う人が、安心して子育てをできる社会を作ること」と、「多様な性のあり方を認める社会を作ること」はトレードオフの関係にあるとは思えません。

今日のニュースで、今回の発言をした区議が議会で謝罪をしたことを知りました。言葉ばかりの謝罪ではなく、2度とこのような発言が繰り返されない政治を求めていきたいと思います。

(漫画:keika、編集後記:伊藤まり

パレットークでは、「こうあるべき」を、超えてゆく。をテーマに、LGBTQ+、フェミニズム、多様性について、漫画やインタビューを通して発信している。

パレットーク / 多様性を考えるメディア

©パレットーク

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

>>同性愛が当たり前になり、法律によって異性愛者と同じ権利が認められるようになったら<<まずそんな世の中は来ない。

 

図に乗るな

 

滅ぶ発言みたいな偉い人による過激な言動は*発見装置になるから定期的に発信した方がいいと思うんだがな。今回の件だって発言そのものの是非よりも釣られた人達の暴走の方が余程酷かったのが非常に興味深かったと同時にLGBTはリアルや名前を名乗ってで関わってはいけない案件だと改めて思い知れたわけだしな

 

まあ、実際LGBT云々と少子化に関係はないよ。同様に、同性婚を異性婚と同一に扱う理由もないんだ。婚姻関係にある男女に補助がされるのは子育てしなきゃいけないからだし、養子縁組だの何だのもまた別の問題。どんな交友関係築こうが個人の勝手だが、まず前提の認識からすれ違っている可能性をよく考えるべきなのでは?

 

二次元とリアルを一緒にしちゃいけない

 

別に税制で優遇しろとか補助金出せとかって話じゃないんだから認めていいんじゃないの?たとえ何十年同居してても家族扱いされないから緊急時に困るとかそういうのを解消するだけでしょ?怪しい活動家が便乗してるせいで変な言説が混ざってるけど認知すること自体には問題ないでしょ。

 

結婚の利権欲しさに結婚ってするもんなの?

 

>同性カップルに法律的な保障を認めていない政治 言いたいことこれだけだろ。多様な家族の在り方って一夫多妻や一妻多夫を認めろとか一度でも言ってからどうぞ。だいたい、LGBが家族として生活することは何ら否定してねえよ。なんなら近親間の事実婚もな

 

違和感とかいう表現しかできないような、自分の中の感情すら理解しきれてないなら黙ってろって思う。別に同性愛とか関係なく

 

www.huffingtonpost.jp ←←← おいおいおい。ソースのURLだけ貼って、その社名は表記しないとか、頭が狂ってるのか? なお「ハフポスト」は朝日新聞の経営です。元は外国メディアであり、朝日が大株主として記事を書かせてたが、今は朝日が直属で経営している

 

▲ハフポスト ← 朝日新聞社と提携して合弁会社ハフポストジャパンを設立。 ▲編集長に【松浦茂樹】日本語版開設。 ▲高橋浩祐。ハフポスト前日本版編集長 慶應義塾大学経済学【朝日新聞】記者 ▲最高経営責任者は朝日新聞社の小野高道編集担当補佐兼デジタル事業担当補佐 ▲代表取締役は朝日新聞社の西村陽一デジタル事業本部長が就任

 

>フォー*ジャパンの前編集長「林亜季」の経歴。2009年、朝日新聞社入社。記者。メディアラボ立ち上げスタッフ(朝日の経営)、ハフポスト(朝日の経営)の編集長、2018年からフォー*ジャパンの編集長。

 

これすべて朝日新聞の経営  →→→→  AbemaTV、バズフィード、ハフポスト、NYタイムス、Jキャスト、Jタウンネット、日刊スポーツ、ウィズニュース、AERA、dot

 

同性愛者である証拠を見せろ。 こんなの認めたら、同性愛者でもないのに、いくらでも自称して偽装結婚が出来るだろ。

 

LGBTは、「性的マイノリティ」じゃなくて「性癖マイノリティ」。ただの*。個人的趣味。これを被差別者と認定するなら、ロリコン、*も含めないのは差別。

 

LGBTはただの個人的趣味。差別されて怒るな。*やロリコンが嫌われ、憎まれるのと同じ次元だ。だってLGBTは「病気」「障害者」「ハンデキャップ」じゃないんだろ? 自分からそう言ってるよな? 「レズやゲイは病気じゃありません!」って。 病気でも障害者でもないなら、特別扱いや特権は許されないな?

 

【 LGBT シバキ隊 】 で画像検索。

 

「偽装LGBT」の問題。 ゲイは自称が簡単なので。誰でも成り済ましが出来る。沖縄市民団体の非じゃない。

 

渋谷池袋のLGBTパレードには、必ずシバキ隊とシールズが参加している。これは、「性的マイノリティ」の「マイノリティ部分」だけを切り出し、「マイノリティを差別するな!我々在日コリアンも差別するな!」と強引に、こじ付けする目的でやってるから

 

渋谷区の、「ハロウィン」「LGBTパレード」「同性パートナーシップ」は、広告会社博報堂の元社員でもある、区長「長谷部健」が首謀した物。人気のない政治家や市民団体は、必ずセクマイ層に媚びる傾向にある。丸井今井も同じ。ちなみに「スバル」は「レズビアン市場」に媚びて、「レズバル」と呼ばれてる。これら性差別企業は、マスコミの世論誘導に出資してる。つまり自作自演

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です