相次ぐPS5の高額出品、100台で900万円も 「出品禁止は考えていない」「ソニーから要望あれば削除対応」──メルカリに対応方針を聞く



 ソニー・インタラクティブエンタテインメントSIE)が11月12日に発売した「PlayStation 5」(PS5)の高額出品がECサイト「メルカリ」で相次ぎ、ネット上で批判が集まっている。メルカリITmedia NEWSの取材に対し、「現時点では出品禁止は考えていない」とした上で、「ソニーSIE)から要望があれば削除対応する」としている。

【その他の画像】

 メルカリでは、発売日前の11日からPS5の高額出品が続いている。記者が「PS5 本体」と検索したところ、13日正午時点で1000件近くが出品中で、これまで少なくとも1200件以上で売買が成立していることを確認した。大半の出品の価格は10万円前後に設定されていた。

 PS5メーカー希望小売価格は、通常版が4万9980円(税別、以下同)、ディスクドライブのないデジタルエディションは3万9980円のため、約2倍から3倍の価格で出品されていることになる。

 中には100セットで900万円という出品もあった。この出品者は「いろんな店をグループで回り集めました」と商品概要欄に記載している。

 これを受け、ネット上では「メルカリは削除しないのか」「(価格が)落ち着くまで一定期間出品制限をするべきではないか」などの意見が上がっている。

 11日には一時、約30万円の出品(すでに売り切れ)もあったことを考えると、メルカリ内での相場価格は落ちてきているが、出品側のいわゆる“転売ヤー”や、マーケットプレースを運営するメルカリに対応を求める批判の声は今でも見受けられる。

メルカリ「出品制限などは考えていない」

 この状況をメルカリ側はどう考えているのか。メルカリITmedia NEWS編集部の取材に対し、PS5本体の高額出品が相次いでいることを「承知している」と認めた上で、「現時点でPS5は出品禁止品にはなっていないため、通常通り取引できる」と現在の状況を説明。

 他のECサイトに目を向けると、「ヤフオク!」は12日、相次ぐPS5の高額出品に対して出品削除を示唆する声明を発表。「これを受けて削除検討などの動きはあるか」との問いには「現時点で一律削除や出品制限などは考えていない」(メルカリ)と回答した。

 ただし「社会情勢の変化やソニーSIE)側から要請があれば対応する」との方針も明らかにした。これまでも企業側からの要請で対応した事例はあるという。また、「商品が手元にないなど規約違反が判明した場合は随時削除している」と、規約に従った対応は今も行っているとした。

●高額転売、何を基準に規制? マーケット運営の難しさも

 一部では「定価以上の出品を一律禁止するべき」などの意見がSNSを中心に上がるなど、高額出品への批判もある。メルカリは「何を基準に高額転売とするのかは難しい問題」と指摘し、「極端な話、世の中の商いは全て転売で成立している。これを一律禁止にすると世の中のビジネスが成り立たなくなるのではないか」と見解を示した。

 メルカリを巡っては、コロナ禍マスクの高額出品が相次いだ。政府が法律でマスクや消毒液の転売を禁止するまで高額出品が続いたことから批判が集まったものの、メルカリ内で取引が成立していたのも事実だ。

 メルカリの担当者は「(当時は)定価以上の出品だからといって出品を禁じた場合、必要な人が購入できない可能性があった」と当時を振り返る。

 こうした理由などから「禁止にするのは簡単だが、禁止する際はどの商品を禁止にするのか慎重に検討する必要がある上、その後の市場への影響も考える必要がある」と指摘。マーケットプレース運営社としての責任とユーザー保護を両立する難しさも見せつつ、「メルカリは個人間取引で成り立っている。今後も個人の多様な価値観を尊重したマーケットプレースを目指したい」との見解を示した。

 メルカリはここ数年でマーケットプレースの社会的地位が問われているとして、7月に役割や在り方を議論する有識者会議を発足。12月末までにマーケットプレースの役割などについて方針をまとめる。

Amazonの対応は?

 PS5を巡っては、9月の予約開始時にもAmazon.co.jpのマーケットプレイスで高額出品が問題となった。一時、約50万円の出品も確認されたが、13日午後1時時点では出品が確認されていない。Amazon側が出品制限や確認次第、削除している可能性がある。

 ITmedia NEWS編集部は「PS5の出品に対し、どんな対応をしているのか」「ユーザーからの批判を考慮して対応したのか」という質問事項をAmazon広報部に送付した。Amazonからの回答は以下の通り。

Amazonはお客さまにお求めやすい価格、豊富な品揃え、スピーディーな配送をご提供できるよう、日々取り組んでいる

・販売事業者が販売する商品の価格は、販売事業者が設定するが、当サイトでは、お客さまにお求めやすい価格で出品いただけるような規約を設けている

Amazonではサイトをモニタリングしており、規約に違反している出品については、出品の取り下げなどの対応をとっている

 ソニーPS5に対し、10月の決算発表で発売初年度の販売目標を「PS4」を超える760万台以上に設定。「今後も継続的にPS5の出荷を見込んでいる」としているが、高額出品が今後もしばらく続く可能性がある。

メルカリに出品されたPS5本体

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

100台ってなんだよ・・・・

ヤフオクと違って悪い意味で我が道を行くのね

メルカリ関係者が量販店と取引してて在庫確保してる。んで一般人を装って出品って流れ。あ、量販店の関係者も同じ事してるか。

100台は普通に料金獲って逃げる気満々でしょw

結局は大多数が認めてるから法が追い付いてない

定価以上は禁止みたいにできないのかな?(´・ω・`)

法人、事業主としての商業取引と個人間の蚤の市的やり取りを同じように扱うのにも限度があるでしょうね。ネットフリマが現代版闇市兼ブルセラショップ兼盗品ロンダリング場として繁盛するのは流石に眉を顰める事態かと

素直に自分たちの利益の為ですって言えよ。マスクは国に言われて渋々禁止にしただけで、メルカリもヤフオクももともとこういう連中だよ

そもそもネットオークションでは「営利の意思」があってはならないのであって、例えば月100万を越える取引は、消費者庁のインターネット・オークションにおける「販売業者」に係るガイドラインに違反してる(何が900万だ)。・・・そろそろメルカリを潰す時だぞ。

一定以上の売上があるアカウントを自動的に「消費税・住民税脱税の可能性あり」と税務署に報告するだけでいいんだよ?

メルカリはもはや転売の共犯者でしかない。企業イメージ最悪にして本来のフリマ用途の出品者から敬遠されるようになったとしても、転売ヤーの落とす仲介料の方が美味しいとでも思ってるんだろ

いずれ規制されるんだろうけど、規制されるまではやったもん勝ち。陸上競技の撮影しかり。

もううんざり

いくらPS5が欲しいからって転売ヤーからは買わない様にしよう、買う人がいたら付けあがってまた同じことをやるだけだよ。100台の在庫抱えて売れずに破滅してくんねーかな。

「手数料おいしいので禁止したくないです」と正直に言ったらどうだ

新商品は半年は定価以上での出品禁止でいい気がする。

そりゃ高値で売ってくれた方が自分たちの利益は増えるしそれをわざわざ下げたくないですよね運営さん

定価以上でも買う奴・転売ヤーはクソ!って言ってるが裏でこっそり買ってる奴がいるから転売ヤーが調子に乗るわけ 転売ヤーはさっさと大量在庫抱えて終われ

>(当時は)定価以上の出品だからといって出品を禁じた場合、必要な人が購入できない可能性があった順番が逆じゃない?

さすが現代の闇市、運営も利用者もとことん腐ってるな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です