10万円給付を「受け取れない」人々の悲鳴続出。今から打つ手はある?

 新型コロナウィルス感染拡大に伴う経済対策として、国民1人につき10万円の現金給付が決まりました。しかし後日給付方法の詳細が発表されると、あちこちで悲鳴が。DV被害者をはじめ、「世帯主への一括支給だと配偶者に独り占めされてしまい、自分は受け取ることができない」という人たちです。

写真はイメージです(以下同)

 ネット上には困惑の声があふれ、ツイッターのトレンドに「#世帯分離」という耳慣れない言葉が上がる事態に。「#世帯主ではなく個人に給付して」というハッシュタグも拡散されました。

 結論から言うと、この叫びに対し政府は部分的にですが対応を発表しています。一体、何が起こっているのでしょう?

◆「世帯主しか受け取れない」ことが問題に
 20日に総務省が発表した特別定額給付金(仮称)  の給付方法は、「4月27日時点での住民基本台帳に記録されている世帯主が、郵送かオンラインで世帯全員分を一括申請し、受給する」というものでした。政府としては、個人が申請すると自治体の事務作業が膨大になるため、世帯主が一括申請することでスピーディーに給付できると説明しています。

 大半の世帯は、これで問題なく給付金を受け取れることでしょう。ですが、DVからの避難や離婚前提などで「住民票を移さず配偶者と別居している」ケースでは、たとえ配偶者と生計を別にしていても、世帯主でないため受給できないことになってしまいます。最悪の場合、給付金はすべて配偶者の懐へ入ってしまうことに。

 4月27日までに現在の居住地へ住民票を移して自分が世帯主になれれば良いのですが、それができない人も多いのです。

 DV被害者の多くは加害者に居場所を隠しています。異動した住民票を非開示にする支援措置はありますが、その手続きは煩雑。また住所を配偶者に知られて問題ない人が住民票を異動する場合も、転出・転入両方の手続きを行わねばならず、郵送に時間がかかったり、役所窓口に行けなかったりすると、27日までには間に合わない可能性も。

 また、「世帯主と同居しているが受給が困難」という人たちもいます。家庭内別居中で世帯主と意思疎通ができない、世帯主のDVやモラハラ、経済DV、ギャンブル依存により給付金が世帯主に召し上げられてしまう……など、数え上げたらキリがありません。

◆世帯分離って何? 4月27日までに間に合うか
 ネット上では弁護士やDV経験者などが「DVで逃げて住民票を移せていない人は、4月27日までに『世帯分離』して自分も世帯主になれば良い」という情報を発信し、またたく間に拡散されました。

世帯分離」とは、ひとつの世帯として住民登録している人の一部が、住所の変更をせず新たに別の「世帯」を設けるための届出。手続き自体は複雑ではないものの、婚姻により同一となった世帯を意図的に分けるわけですから相当の覚悟が必要です。配偶者の合意なしに行えば、大きなトラブルにもなりかねません。

 夫からのDVで別居中の都村さん(38歳・仮名)も、給付方法の発表を聞いて慌てたひとり。夫と住民票上の住所が同一のままだったため、すぐに世帯分離が頭に浮かんだといいます。

 世帯分離は役所の窓口でしか手続きできないけど、外出自粛の中、子どもを連れて行くのは気が引ける。本当に世帯分離しないと受け取れないの? 27日まであと数日しかない……。

 焦る気持ちのまま特別定額給付金(仮称)のコールセンターへ問い合わせると、都村さんにとって意外な答えが返ってきました。

「『世帯主しか受給できないのでは受け取れないから困る』という相談や意見が殺到していて、対応を検討しているところだというのです。『現時点での発表内容から変更される可能性があり、決定次第できるだけ早く発表するのでお待ちください』と言われました」

 その電話から何時間も経たないうちに、給付についての続報が出されたのです。

◆DVから逃げている人が、個人で給付金を受け取るための措置
 追加で発表されたのは、DV被害で住民票を残したまま避難している人への措置でした。4月27日までに住民票を移せなくても、DV被害者であることを証明のうえ所定の手続きをすることで、自分や同居中の子ども給付金を個別で受給できることになったのです。

 以下、特別定額給付金に関するお知らせ(総務省作成)より抜粋して概要をまとめます。

==============

【配偶者からの暴力を理由に避難している人への支援】

配偶者からの暴力を理由に避難している人は、4月27日以前に住民票を移せなくても、所定の手続きを行うことで以下の措置を受けられる。

① 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができる。
② 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しない。

【対象となる要件】

次の①~③のいずれかに該当
①配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
②婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター市町村等)の確認書が発行されていること
③令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

【申出の手続き】

申出期間:令和2年4月24日から4月30日まで
申出先:今住んでいる市区町村の特別定額給付金担当窓口
申出方法:配偶者からの暴力を理由に避難していることを申し出る「申出書」を提出。申出書は市区町村窓口のほか、婦人相談所や総務省ホームページなどで入手できる。
添付書類:「申出書」には、配偶者からの暴力を理由に避難していることが確認できる書類として下記いずれか。
・婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
・保護命令決定書の謄本又は正本
※令和2年4月30日を過ぎても、「申出書」の提出は可能。

==============

特別定額給付金に関するお知らせ(総務省作成)1/2枚目

特別定額給付金に関するお知らせ(総務省作成)2/2枚目

※以上は記者による一部抜粋です。申出を検討している方は、特別定額給付金に関するお知らせ(総務省作成)および政府発表の最新情報を確認ください。
※この措置については22日付で各都道府県の窓口に通達されているため、現在住んでいる市区町村に問い合わせることで相談が可能です。

◆世帯主と同居中の場合や、DV以外の理由では適用外
 今回発表されたのはあくまで「DV被害者で住民票を移せていない人」に対する措置。離婚準備中など他の理由による別居の場合は対象外なので、個人で手当を受給するためには4月27日までに住民票の異動手続きを終えていなければなりません。政府は慌てて住民票を移したり世帯分離をしたりする人たちのことまでは、想定していなかったのでしょう。

 また、「世帯主と同居しているが受給が困難」という人への救済措置も、現状では用意されていないようです。(4月24日時点)

※外出自粛等で懸念されるDVの増加や深刻化に対しては、「DV相談+(プラス)」という24時間対応の相談窓口が新たに設置されています。

◆「個人への支給」を望む声はやまないけれど…
 現在は昔以上に多様な家族の形があり、世帯主の下で家族全員仲良く暮らしている、という家庭ばかりではありません。全てのケースに対応できる措置というのはおそらく存在せず、今回の騒動は世帯単位での施策の難しさについても考えさせられるものでした。“世帯”という考え自体を疑問視する声も出ています。

 それでも、困っている人たちが正しい形で声をあげれば政府に届き対応がなされることもあるのだと、勇気を得られた人もいるはず。急きょ用意されたと思われるDV被害者向けの措置により、決して少なくない人数の人たちが、胸をなでおろしていることでしょう。

 困難にある方々が、1人でも多く救われることを望みます。

<文/女子SPA!編集部>
◆DVの相談窓口
DV相談+(プラス)内閣府 男女共同参画局)
  電話相談は9:0021:004月29日から24時間受付)
  メール相談とチャット相談は24時間受付
配偶者からの暴力被害者支援情報 被害者を支援する相談機関の説明と連絡先一覧内閣府 男女共同参画局)

◆参考
特別定額給付金に関するお知らせ総務省作成)
内閣府男女共同参画局の新型コロナウイルス感染症に関連する取組情報

写真はイメージです(以下同)

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

じゃー日本中のDV問題やら全部解決してから給付するの?給費金野橋とDVの話をごっちゃにするなや。別の問題なんだから別んとこで解決しなさい。

の話

妻の不倫が原因かでっち上げDVの方が遥かに多そうだな。

働けるのに働かないクソニートにもやるカネはない

マイナンバーと照らし合わせて支給するとか言ってなかったか?その案はどこ行ったんだよ

マイナンバーに銀行口座番号紐づけ出来てればもっと楽だったんだけどね。反対派の人たちがそういう紐付けを悉く反対して骨抜きされて結局何の意味があるのかよくわからない背番号になっちゃったからね。

でも面白いよね、この件で遅いだの雑だのマイナンバーが意味ないだのとまた騒いで批判してるの、当時紐付けに反対してた人達が多いんだよね。君たちが望んだことなんだからもっと喜べよと。

大変だねえ。クズ男と結婚なん*るから、正当な権利のあるものももらえない。こっちは独身だから余裕だし、今配当時期なんで5000万円もらったところ。遊べないから暇すぎて死にそうだけど。

本当は総務省がやるより国税庁(財務省)が主体となって給付やる方が手っ取り早いんだけど、書類の送付は投票所入場券みたいに世帯主あてに世帯分まとめて送付して申請は各自でやるようにすべきで、その時に記載された金融機関の口座情報を希望しない人以外マイナンバーに紐付けたら次回から給付が楽できるんだがな。

少なくともまともに自分で稼いで自分が世帯主で日本国民であることが証明できてる人間には関係も無い問題速度重視で救済しようとおもったらどうやっても直ぐに全員は救えないこれはあくまで「コロナで苦しんでる人間の負荷軽減」が目的なんで有って「家庭環境における理不尽な目に有っている人を救うかどうか」は関係ない弁護士でも呼ぶんだな

10万もらったら、例の3,300円マスクでも購入しようかね。

文句言ってるのは配偶者の意思に関係なく人数分を1人で受け取りたい世帯主かな? 出来るよってんだから必要な人はやればいい、で済む話じゃん。これで別居中の配偶者が金騙し取れる手段何かあるか?

恋愛は感情、結婚は契約。自力で年収700万円程度も稼げないようなビジネスセンスのない女性は結婚にも向きません。好きとか嫌いとかくだらないことを結婚の理由にするのはいい加減にやめなさい。

低所得で貰えない卑屈な人種は自暴自棄になってコロナばら撒いてバイオテロしそう

おいおいおい。ちょっと待て。これって本来家庭内で解決すべきの問題だよね?なんで国に文句言ってるの???

知らんがな

そもそも家庭内暴力を受けていてもらえないと国に主張できるなら弁護士にでも相談して離婚しろよ。なんで10万給付の今声をあげるんだよ。10万確保できてもその後はまた地獄だぞ。問題解決にもなってないし、余計家庭内暴力を受けることになるのに

蓮舫が最善確実な方法を、責任持って提案すると明言してただろ?提案してないのか、提案したけど蹴られたのか、どっちだらう。。。

まずドメスティックってくらいで公が首突っ込む場所ではないし、仮に手出しするとしても給付金以前の問題だろ

時期的にギリギリ生活の人間、自粛後の給料で家賃光熱費払えなくなるぞ。あーだこーだ言ってる時期じゃないだろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です