360度カメラで空撮をよりダイナミックに! ドローン「VISTA」は8K解像度

『雲のやすらぎプレミアム』 マットレスタイプ

近年ドローン撮影が人気だ。陸上の視点とは異なった風景をとらえることができ、一般にスケールの大きなビデオや写真が撮れる。その空撮をさらにダイナミックなものにするドローンクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。米国のスタートアップDoorRoboticsが開発した「VISTA」。8Kに対応する360カメラを搭載している。

超広角レンズ2つ搭載

VISTAは多くのドローンと同じように内蔵センサーで周囲の障害物を認識し、またGPSなどを活用しながら自律飛行できる。離発着も自動で行い、被写体を追いかける「フォローミー」機能を搭載するなど、空撮に必須の性能を備えている。

VISTAが他のドローンと大きく異なるのがカメラの性能だ。2つの超広角レンズを搭載し、それぞれがとらえた映像をリアルタイムつなぎ合わせて360度映像を生成する。

ソニー製のセンサーIMX204を使用し、カメラ解像度は8K。360度とらえることができることと併せてかなり臨場感のある映像となりそうだ。1080Pでのライブストリーミングにも対応する。

フライト時間は31分

現在開発中VISTAの最大飛行時間は最終的に31分となる見込みで、開発元は「バッテリーは取り外して交換可能で、スペアを使うことでさらにフライト時間をのばすことができる」としている。加えて、バッテリー残量が少なくなったら自動で離発着場所に戻る賢い機能も備えているという。

VISTAの大きさは直径24.13センチ、重さは1500グラム未満。最高スピードは時速48キロだ。Wi-FiBluetoothに対応する専用のコントローラーが付属する。

Kickstarterでの出資額は記事執筆時点で1199ドル(約12万5000円)〜となっている。11月30日まで出資を受け付け、来年4月にも発送される見込みだ。

VISTA/Kickstarter

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です