50万円台で自宅の庭に1畳のテレワーク空間を設置 「HANARE 禅zen」発売

 

 ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市)は、自宅の庭などに設置できる独立型テレワークスペースHANARE 禅zen」の一般販売を開始した。およそ1畳サイズで、晴天時の標準工期は2日。関東1都6県を対象に販売する。価格は55万9000円から。

【その他の画像】

同社では2020年11月より、自宅に「離れ」を設置する「HANARE」シリーズを販売しており、21年にはデスクワークや趣味のスペースにも使える「HANARE 書斎版」の一般販売を開始。「通勤時間30秒」のテレワークスペースとして注目を集めた。

HANARE 禅zen」は、室内空間が約2畳の「HANARE書斎版」をより小さく、シンプルにしたタイプサイズは910(幅)×1820(奥行き)ミリとコンパクトながら、エアコン用のコンセント、2口のコンセント、照明、デスク代わりになるカウンター、書棚になる収納エリアを備える。内部はフローリング、壁紙仕上げとし、住宅と同じ断熱性能を持つ。

書斎だけでなく、万が一の備蓄倉庫や物置としても利用可能。なお、準防火地域、防火地域では別途追加費用が発生する。敷地の条件によっては、設置できない場合もある。

自宅の庭に1畳のテレワーク空間

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です