EXIT、己の正義を振りかざす“自粛警察”に見解



お笑いコンビEXITが、7月30日に放送されたニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に出演。正義感・使命感を盾に、一般人の顔をSNSに晒す“自粛警察”の是非について語った。

番組はこの日、外出自粛など感染対策に協力しない人や店舗に対し、“抗議”と称してSNS上に一般人の素顔が映った動画を無断投稿するなど、己の正義を振りかざす、いわゆる“自粛警察”について、その是非を当事者とともに議論を展開。緊急事態宣言発令中にパチンコ店に通う客たちに向け、抗議の演説を行ったり、その動画をアップするなどして、“パチンコ警察”と呼ばれるYouTuberの令和タケちゃんが出演した。

冒頭では“正義感・使命感”が“自粛警察”の原動力になっていると解説し、「正義があれば何をやってもいいの?」「流石にネットに顔を勝手に晒すのはどうなの!?」「自粛しない人よりこいつらの方が問題」などといった批判的な声を紹介。これに対し、番組MCのEXIT・りんたろー。は「正義という後ろ盾があるから加速してしまうのは分かるんですけど。ここらへんでやめておこうっていう、ちょうどいい線引きがもっとあるんじゃないかと思う。あくまで、“敵はウイルス”だぞっていう気持ちがあります」と矛先を向けるべきは人ではなくウイルスであるべきだと主張。

一方で、相方の兼近大樹は「物事ってすべてそうなんですけど、結局誰かが損をしながらも何かをやらなくては変わらない。『誰もやらないから、俺がやるんだ』って。僕もずっとそうやって生きてきたんですよ。例えば、それが法律違反の行為だとしても、今回のように顔を無断でネット上に晒すような良くないことだとしても、『俺がやらなくてはいけないんだ』ってガチガチに使命感を持っちゃうって気持ちはすっげえ分かるんすよ」と、一定の理解を示した上で、「でも、何を言っても分からない人も絶対にいる。反対に、何かを言ったら分かってくれる人もいる。素直に受け取れる人、『知らねえよ』って怒る人と『やめてよ』って思う人と様々なんですよ。そういう人全員に向けて攻撃しちゃってるんで、やり方が違うんじゃないかなっていう」と、一方的すぎる言動に苦言を呈した。

また、令和タケちゃんが抗議活動の結果として、「現場となったパチンコ店は、抗議をした翌日に休業しまして。同様に抗議を行なった他の店舗も、2〜3日後くらいに休業しました」と告白。これに対し、兼近は「大げさな言い方なんですけど、正義って、正義だと思ってしまった時点で、悪になるというか。『正義だ』って思った瞬間から、たぶん『すげえ強気でいっていい』って思っちゃう。例えば、パチンコ店の営業を止めてくださったわけじゃないですか。でも、そうすることでパチンコ屋で働いてた人が、『ご飯食べられなくなりました』とか、『実は、妹のために働いてて、養うために働いてたんだけど、明日から仕事なくなっちゃったどうしよう』って人も、現れるじゃないですか。そういう影響とかって考えたりしますか?」と、疑問を投げかけた。

令和タケちゃんは「屁理屈になるかもしれないですが、店舗には抗議していないんです。あくまでも、パチンコ店を利用して、『(自粛なんて)関係ないだろ!』みたいな、開き直る人に対しての抗議。なので、本当は、都だったり国の方が、しっかりと休業保障をしないといけないんですよ」と回答した。

この答えに、兼近は「一番言うべき相手は、国や都だと思うんですよ。たぶんパチンコ屋に並んでる人たちって弱者だと思うんですよ。パチンコ以外の楽しみがない。だから、一番は根本を変えるべき。令和タケちゃんさんが本気で『俺が正義なんだ』って思うんだったら、根本を変えるために動き出して、そのために影響力を使うって方がいい。あくまでこれは僕が思う正義なんで、それぞれの正義はあると思うんですけど」と、持論を展開。

また、アイドルグループSKE48の元メンバーフリーアナウンサー柴田阿弥は、ここまでの議論を受け、「本当は人を叩くのが楽しいとか、何かしらの満足を得ているのに、“大義名分”や“正義”っていう言葉で、コーティングして自己正当化してしまっているだけなのではないかと、私は思ってしまいました」と、率直な意見を述べた。

(出典 news.nicovideo.jp)

 

<このニュースへのネットの反応>

そもそもパチ屋は人と人が顔突き合わせる事もマスクを外さなければいけない事もない程度の場所なんだけどね。比較的感染リスクも低くわざわざ営業停止要請するような場所じゃない

 

売春あっせん他犯罪*てるお笑いコンビが言う?

 

ガチの警察に2度も世話になったやつが世間に物申すキャラやるってどんな神経の図太さなんだと毎度思う

 

▲AbemaTVは、テレビ朝日と、アメブロ(ネット工作会社)の共同出資。 ▲「放送法」から逸脱した世論誘導をするために、朝日が社名を隠して作った「ダミー会社」「偽装メディア」。 ▲タレントは一言一句、台本通り発言してるだけ。 言わせてるのは「朝日新聞の記者」。

 

サイバーエージェントは、アメブロの運営の印象が強いが、実際はネット工作会社であり、ピットクノレ―と同じ。辻希美や松居一代の炎上ブログも、アメブロと共同の炎上ステマ商法。グラブルの運営元でもある。社名を翻訳すると「ネット工作員」そのもの

 

▲ テレビ出演者は必ず、放送作家が用意した【台本】通り発言する契約で出演している。 ▲テレビ局(新聞社)のやりたい世論誘導、つまり反日工作の片棒を担ぐのと引き換えに、1時間もテレビで名前と顔と著作を宣伝してもらえるからな。 ▲CMが15秒1000万単位で売買されてるのだから、国を売って私腹を肥やすのは楽しいなぁ?

 

▲【サンジャポ】のWIKIを見れば分かるが、太田が「サンジャポは出演者全員が台本通り喋ってるだけのバラエティ」と公言してる。  ▲特に生放送は、出演者が自由に喋ると、それは「電波ジャック」と同義になるから、出演者は必ず台本通り喋るし、アドリブを言うと契約違反になる。 ▲サンジャポで「嫌韓」発言を連発してた【飯島愛】は怪死した。

 

AbemaTVは、テレビ朝日と、サイバーエージェント(ネット工作会社)の共同経営。【放送法】に囚われない、トンデモ捏造、世論誘導をやる為に起業した工作メディア

 

いや、まずそれ以前に、何おまえ、その髪、その耳。舐めてるの?*にしてるだろ。人様にどうこう言える恰好か?TVも芸能人も頭おかしいのしかいないから完全にマヒしてるだろ。笑えるわ。

 

ワイドショーのコメンテーター自体が無責任に己の正義を振りかざしてるんだよなぁ・・・

 

認知の歪みの一つ。現実をそのまま受け入れられず、「すべきである」「しなければならない」と期待すること。彼らにとっては、彼らの脳内にある秩序のみが真実であり、現実はそこに帰結しなければならないと信じ込んでるんだよね。テロリストみたいなもんだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です